2018年2月23日 (金)

物わかりの良い親の下に生まれないこと・・・「霊性向上のためのガイドブック」より2

(5月に変性意識状態と依存症のセミナー『あなたの知らない依存症のヒミツ』を予定しています。やめられない食べ物がある、スイーツ、買い物、ついついアルコールを飲みすぎてしまう方々へ、おススメです。詳細が決まり次第、お知らせ致します)

みなさん、こんにちは。森本道子です。

世の中には、「助け合う家族」、「CMで流れる理想的な家族像」、「親から無条件に愛される子供」という存在やイメージがたくさんありますが、実は条件付きでしか子供を愛さない親は多く存在しますし、アルコールやギャンブル、DVの親の下で育った子供も多く存在し、殺伐とした家族関係や、そりの合わない兄弟や憎み合う兄弟もしっかり存在しています。

そして、そんな家族の下に生まれた人は、ひそかに理想の親像や家族像を持ち、大人になってもこうしてくれたら良いのに、などと夢想したり、悲しんだり、人によっては相手に要求したりするものです。要求する相手がパートナーであったり、恋人であることも大いにあるわけです。(要求を持ちながら相手に伝えることが出来ない人も多くいます)
ーそういったことが良い悪いではなくです。

以下、「荘子・内篇ー霊性向上のためのガイドブック」由井寅子著 より再び引用のご紹介です。

(中略)この、すべてを受け入れる受容性の中に、本当の愛があるのです。

そういう受容性に富む親の下に生まれた子供は幸せです。

つまらない価値観を押し付けられることがないからです。

優秀でなければならない、人に迷惑をかけてはいけないなどといった偏った価値観を植え付けられることがないために、

自己否定することもなく、自己否定することがないために、自己の存在価値を証明しようとすることも、愛を求めることもなく、

インナーチャイルドも形成されず、真我のままに生き、何物も否定せず何物も受け入れ、他人も自分も傷つけることなく、自然でいられることが出来るからです。
shine

しかし別の見方をすれば、それはつまらない人生とも言えます。

つまらない価値観を埋め込まれ、自己否定してどんどん迷路に入っていく、その迷路を脱出し、ゴールに到達しようと努力することで、ますます深く迷路に入っていくが、

ある時、迷路そのものが自分自身の反映であることに気づき、迷路を脱すべく自我を、すなわちそれを内側から支えている自己否定を一つ一つクリアしていく、

つまり頑張らなくなることを通して迷路を脱しゴールに到達する、というとても楽しい人生ゲームを楽しむことができないという見方をすれば、

そのような、ものわかりのよい親の下に生まれるのも、必ずしもよいことばかりではないわけです。

(引用ここまで)

理想的な親の下で生まれた人もいると思います。しかしそれはそれで、良いか悪いかよく分からないと思うのです。

自分の人生が生き辛いと感じたり、大小それぞれの難問を抱えている人はたくさんいると思いますが、(親問題しかり、トラウマ、人間関係、繰り返すパターン、災難などなど)それぞれが克服するテーマがあると思うのです。

そんなテーマは何かしらと思って人生を見るのも大事だと思う、今日この頃です。

わたし、あなた、それぞれの人生を楽しみましょう♪

heart

shine春はリセットの季節、私たちのこだわり、ずっと持っていたいもの、死を通じてそれらとワークし、自分を見つめ直してみませんか? ↓

2018年3月4日(日)は『死ぬということは、生きるということ』グリーフケアのワークショップのイベントを行います♪是非お越しください!

shine
豊かな変容をサポートしますheart使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

2018年2月10日 (土)

こだわりから解放されると・・・「霊性向上のためのガイドブック」より

みなさん、こんにちは。森本道子/MOMOです。春はもうすぐそこ、ですね。

最近感じるのは、「こだわりがあればあるほど、状況がそぐわないと不自由になり、しんどいんだな~」ということです。要するに、こだわりは価値観だからです。

更に、あの人はこうすべきという対人関係だけでなく、絶対こうしたい、こうあるべき、ということがあれば又状況によって苦しみますね。

最近はまっている由井寅子さんの本からの一節をご紹介いたします。
『荘子・内篇ー霊性向上のためのガイドブック』、

前書きより

(中略)何のために生まれてきたのですか? 
旅するためじゃないですか? 
ならば世界をゆっくり眺めたらいいじゃないですか? 
急いでいったら何も見られないじゃないですか。

霊的進化もそうです。慌てて進化して絶対と一体になってもしかたないでしょう。
いろいろ見て眺めてのんびり行けばよいではないですか。
旅を始めたのはゴールに到着するためではないはずです。
出発点にいち早く戻るために旅に出る人はいません。

確かに旅には目的がありますが、しかし旅をすること自体が目的だったりするのです。
であるなら、何も慌てる必要はありません。
生きていることそれ自体が人生の目的でもあるのです。
日々悔いのないよう精一杯生きることが全てです。

だから、焦らず、ゆっくり生きればいいのです。

(中略)競争している人には前しか見えません。
少しでも優秀になることしかありません。
競争する心がなくなったら、プロセスのすべてを楽しむことができます。
360度視界が開け、リアルな世界が見えてきます。
何らかの価値観をもっていたら、その観点でしかものを見ることが出来ません。

引用ここまで。

寅子さんの本はずっと読んでると目覚めてしまいそうです(笑)

shine春はリセットの季節、私たちのこだわり、ずっと持っていたいもの、死を通じてそれらとワークし、自分を見つめ直してみませんか? ↓

2018年3月4日(日)は『死ぬということは、生きるということ』グリーフケアのワークショップのイベントを行います♪是非お越しください!

shine
豊かな変容をサポートしますheart使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

2018年1月 8日 (月)

女性個人として取り組むと良いことー詩織さん、#metoo問題

みなさん、こんにちは。そして明けましておめでとうございます。

今回は最近気になる女性問題についてお話したいと思います。私も女性としての人生を歩んできたことから、やはり女性側にサイディングしてしまうことをカミングアウト(ってほどでもないかhappy01)しつつお話させてください。

ご存知でしょうか?伊藤詩織さんという方がレイプ被害にあい、状況証拠全てをそろえて警察に提出し、警察は逮捕に踏み切りましたが、加害者山口敬之逮捕の寸前に当時の刑事部長が逮捕取りやめを命じ、又その加害者は総理に関する本を出版するなど、総理とは大変関係の深いジャーナリストだったこと。

そしてこれが日本ではツイッターやネットニュースで話題になっていますが、地上波のニュース番組は一切報道していない(これぞ忖度)ことを。NHKはずっとパンダの報道ばかりしていましたね。

国会でも野党からの質問として扱われるものの、すぐに議会がストップしてしまうほど、自民党や首相にとって触れられたくない問題のようです。

現在は海外の報道局や新聞が一面で扱うほどのニュースになっていますが、なかなか加害者が裁かれない状況、これは心理的にはとても刺激的な状況です。

又アメリカのハリウッド監督がセクハラを繰り返してきたとして複数の女性から訴えられ、業界追放にまでの事件となりました。それをうけて性被害に関して、ツイッター上では(#me too を使った)私もそんな被害を受けたことがあるという被害者からのカミングアウトツイートが多く起こり、海外に比べると小規模だそうですが、日本でも起こっています。

心理カウンセラーとしてお伝えしたいのは、

『繊細な人ほどこういった状況を肌で感じますので、ニュースに触れていなくても不安感が募ったり、男女間のもめ事が増えたり、特に女性(性)側が男性(性)に対してイラつくことや抑圧されてると感じることがより強く起こる』だろうということです。

女性の集合意識がすごく反応しているということもあります。こういった社会情勢を敏感に感じることで、男性から抑圧を受けた女性の先祖代々の悲しみや恨み、又前世からの持ち越した傷、又現世の自分自身の過去の傷が疼いたり、噴出したりします。

特にあなたがエンパスやHSPである場合、かなり心が乱れるということが起こっている可能性があります。

そういったものが感じられるな、と思われる方は、そんな落ち込みやイライラなどを、大切にケアすることが大事です。

そして

dog一つ残念なのは、同性が
『そんな昔の被害を声高に言うなんて、大げさな』 的に
被害者を批判的に見る現象です。

女性として生まれるだけで、多かれ少なかれ、性的にほぼ必ず嫌な目に遭っているものです。女性の地位の世界ランキングは114位、そして満員電車の存在も被害を助長します。

『いえ、私はそんなことはないし』と否定する人は自分の傷つき体験を抑圧していると思います。それは自分を軽視してることと同じことです。

それは断言しすぎ、と思われたでしょうか?そうかもしれません、

でも必ず”本当に自分自身に傷つき体験がなかったか、それを見つめれない程のつらさを抑圧して被害者女性を批判していないか”、ゆっくりと時間を取って自分自身に確認してほしいのです。なぜ私は被害者に同情すらも持てないのか、など。

(男性に生まれたゆえの辛さもあるでしょうし、男性も性被害に遭うこともあります。それを否定してるわけではありませんが今回は女性というトピックを扱わせてください)

私は以前受けたスピリチュアルなカウンセリングで、『あなたは女性の問題を肩代わりしようとする性質がある』と言われたことがあったのですが、私は女性の集合意識をものすごくPICK UPしやすい傾向があります。

なので、『男に利用された2号、3号さんの女の恨み(みたいなもの)』をワークして成仏を手伝うということをしたことがあったりします(いつの時代~!)←ここまで具体的に分かってるとやりやすいのですがね。

今、つらい時期だと感じている人は、リリース、解放のチャンスです。

少し頑張って、自分の中で男性に傷つけられたこと、と取り組んでほしいと思います。出来れば信用できるカウンセラーと共に。
https://apw-counseling.com/aproach/ インナーチャイルドとトラウマケアを参考にしてください)


追記:
ワークとしては究極は当時の辛さや悲しみを受け入れること、フリーズしてしまったエネルギーをリリースすることなのですが、一人で行うことは相当つらい場合が多いですのであまりお勧めしません。

又女性が男性セラピストと共に性的トラウマを扱うことは基本的にお勧めしません。
(男性はちょっと抵抗があるから女性を選ぼう、と思う気持ちは全く自然で、しっかりとバウンダリー/境界線が築けている証拠です。)

私もかなり前の職場で受けたムカつき体験が出てきました。パワハラモラハラが横行している環境だったので、更なる傷つきを防止するために表に出さずに我慢していたのです。(頑張った私!よしよし)

どんな状況であれ、祝福を。

わたしと、そしてあなたへheart

shine
2018年1月20日(土)は新春初夢カフェのイベントを行います♪お茶したい!という方も是非お越しください!
shine
豊かな変容をサポートしますheart使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

2017年12月30日 (土)

私の一つのグリーフケア

みなさん、こんにちは。新しい名前MOMOがあまり定着しない、しかし昔そういえばPeachと呼ばれていた時があったことを最近思い出した森本道子です。

今年はグリーフケアのボランティア活動としてグリーフサポートせたがやさんの一員に加えて頂き、子供のグリーフケアのファシリテーション活動を始めました。又個人的には大人のグリーフケアのワークショップを行ったりと、興味はあったけど、なかなか動けなかった数年間に渡るエッジ(抵抗)を超えて今に至っています。

エンパスとしては、他人の心の痛みや感覚・感情をキャッチしやすい性質を持つため、心を動かされるということが人より多く、それが良い時もありつらい時もあります。

年末には、数年前に友人が録画してくれたアメリカの海外ドラマgleeを見ていたのですが、

メインの俳優でもあったコーリー・モンテースがドラッグのオーバードーズで亡くなったこともあり、その後のドラマはほとんど見れていませんでした。彼のファンでもあり、又劇中の恋人レイチェル役の女優さんと実際のカップルであったことも好ましく見ていたので、彼女の心の痛みを(勝手に)感じてしまい胸が痛かったです。

しかし、

SHOW MUST GO ON.....

ショウは続けなければならない、何があっても。

そうです。誰かが死んでも、自殺しても、どれだけ無念に思っても、残された私たちの人生ドラマは続くのです。

グリーフケアで学んだことの一つに、「グリーフから完全に回復するということはない」という考え方があります。

グリーフの形や癒しも人それぞれです。誰かが誰かに押し付けることはできません。

彼の死への悲しみの裏には、「私は彼を見ることですばらしいものを得ていた」ことがあります(これを意識できたのはプロセスワークを学んだからでした)。又、残された人の悲しみを感じるといたたまれなくなってしまう感覚も、もちろんそこには私の投影もあります。

彼の死を体験しながらもドラマが続いていったことはドラマの中の彼らや私たちの人生を象徴しているようで、良かったのだと、今は思います。つまらなくなってしまったけれどね。いや、それも彼が居れば、と思って見てるからですね。

さて、これからどんな人生になっていくでしょうか。泣いたり笑ったり、ムカついたり嫉妬したり、やさぐれ、抑圧その他もろもろあるでしょう。

どんな形であれ、祝福を。

わたしと、そしてあなたへheart

暖かくしてお過ごしください。

shine
2018年1月20日(土)は新春初夢カフェのイベントを行います♪面白い、不思議な初夢を見たら是非お越しください!
shine
豊かな変容をサポートしますheart使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

2017年12月13日 (水)

ドラマ『大草原の小さな家』考

みなさん、こんにちは。

幼少期に見ていた海外ドラマ「大草原の小さな家」を最近ケーブルテレビで見ました。オンタイムで見ていた方も多いようですね。

小さい頃は、家族みんなで集まって観て、最後はいつも感動で泣いていたことや、お金持ちのオルソン一家の子供ネリーとビリーが意地悪だったなぁ~というくらいのことを記憶していましたが、

改めて見てびっくり、主人公のローラは男勝りのはねっかえりで、行動派、姉のメアリーは賢く、親の言うことも良く聞く気遣いのある優しい子供で、

そして、そして、彼女たちの父さんは・・・

頼りがいのある、やっさしいザ・大黒柱で、しかしアツくなりやすく、手も出やすいところがあり(子供には暴力は振るわないが)、又自分の信念に反する時は、日ごろ尊敬している牧師さんに対してでもはっきり意思表示する、しかし自分が間違ってると気づけばちゃんと反省して謝ったりするかっこいい男性だったことにかなり驚きました。

当時の私は細かいストーリーはあまり理解せずに見ていましたが、今改めて見る内容は、子供向け番組というよりはがっつり大人向きなのかな?と思うほど、シリアスな内容も多いのです。

そして更に驚いたのは、自然の中での人の死や、動物の死、又死の淵をさまようという回がなんと多いことか。
お金にも困って人々が絶望したり、土地をなくしたり、引っ越しを考えたり、と大自然に囲まれた開拓時代だからこその苦労も多く、

生活の中で教会へ行ったり、神様にお祈りをしたりと、キリスト教や神様との関係が密接であることもかなり描写されていました。それだからこそ、苦しみや不幸に見舞われた時に、「どうして神様はこんなひどいことをなさるんだ?」と人々が葛藤したり、誰かのために一生懸命お祈りをしたりします。

日々色んなことが起こり、又死と隣り合わせに生きるからこそ、町の人々やインガルス一家の結束も高まり、観ている者に感動の涙を誘う素晴らしいドラマであったと思います。

しかし、しかし、ここで私の告白なのですが、

この話自体はローラ・インガルスによる実話に基づいた原作のあるドラマなのですが、私はかなり大人になるまで、これは完全な実話で、更に私の頭の中では役者は存在せず、リアルなドキュメンタリードラマだと思っていたのです。

幼い私の思い込み~、なんですけど、

その弊害、なんだと思いますか?

私の当時の性格もあると思うのですが、

ドラマ(私にとってはリアルストーリー)の世界の、

『素直で情熱的で、愛情豊か、なものを理想として追い求め続ける私』、

『しかしそんなものはさっぱり得られない現実に絶望していた前半生』、

だった気がします。


(私にとっての放映された時期や、期間が長かったことや、濃いい人間ドラマだったこともあり)

このドラマを改めて観ながら、当時の自分を想像したり、今もって憧れているものをドラマの中に見つけたり、自分の性格形成にどんな風に影響したのかな、と客観的に観たりして色んな発見をしています。

改めて観ると、私という人格にものすごく影響を与えたドラマなのでした。

shine
2018年1月20日(土)は新春初夢カフェのイベントを行います♪
shine
新たな自分に出会いませんか?
豊かな変容をサポートheart使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

2017年12月 5日 (火)

落語の世界と あなたの中に無数にいるキャラ

先日落語の寄席に行ってきました。漫才もそうですが、生で観るのがほんとに良い。空気感というか、雰囲気を味わえるのはすごく良いですね。

噺家さんの羊羹を食べる音。

お馬鹿でそそっかしい愛すべき登場人物の世界。

噺家さんの顔の向きでキャラクターが変わるあの瞬間。

トリは今をときめく春風亭一之輔。

登場人物が多いのにしっかりそれぞれが分かって、なんだあの世界。

お笑いというだけでなく、一人が織りなす芸ってすごいなぁと思いました。

そして終わり方が渋い。

又行きたいです。

shine
私たちの中にもたくさんのキャラクターが実は存在しています。

日々彼らの声を聴くのは難しくても、たまに時間をとって「あなたの中の意識上ではあまり気にかけてないホットな声」に耳を傾けると今後のあなたの人生がとても豊かになりますよ♪

あんまり聞かないでいると、自分自身の中の〇〇を求めるキャラと△△を求めるキャラが引っ張り合って自分が何を求めてるのかが分からなくなってしまうということが起こったり、悩みが出てきたりします。


例えば、あなたの中の『競争が大好きなキャラ』が、パートナーの前で大活躍してしまうとつい相手と競う自分が無意識に出てしまってパートナー関係はほっこりできないものになってしまうでしょうし、


又『愛されたい私』が話し合いの会議に出席してしまうと、イエスマンになり続けたり、リーダーシップが取れなかったり、部下の言いなりになってしまうということも起こります。


今のあなたのホットな声、聴いてワークしてみませんか?豊かな変容をサポートheart使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

グリーフケアのワークショップ行います♪ → 12月10日(日)『悲しみの先にある、大好きなものたち』デスカフェ+プロセスワーク 
facebookページ
https://www.facebook.com/events/171308423458305/
大切な人の死や喪失について、又死というものに対して話す場です。

2017年11月11日 (土)

日本のいじめ文化と家族の関係性


いじめに立ち向かうということは

日本の文化に立ち向かうということ

いじめに立ち向かうということは

家族に立ち向かうということ

いじめに対峙するということは

家族の誰かとちゃんとコミュニケーションをとること

いじめに取り組むということは、

あまりにも普通に発していて見逃されがちな親の偏見や差別心にメスを入れるということ

いじめに取り組むということは、

「空気を読め」、「みんなと同じでいろ」、という圧力にNOということ

いじめられる子を取り上げるのではなく、(問題視するのではなく)

いじめている子に何が起きているのかを見ること

なぜか?

人は本来みんな違うから。

強い者が弱いものを押さえつける、そういったことが親子間で起こるなら、

子供は自分が強い側に回れば何をしてもいいのだと学ぶ。

もしくは、親から抑圧された自分の不満感を学校にいる他者に発散する。

もしくは、学校で強い者がターゲットとなる人を押さえつけるといった似たようなことが起こった時、ターゲットとなった人を助けようとする子供が出てこない。

みんなと同じであれ、という文化はいじめや排除に繋がっていく。

私はこれを当たり前にしたくない。

まずは自分の個性を謳歌していこうと思う。


☆ワークショップお知らせ → Death Cafe 12月10日(日)行います。大切な人の死や喪失について、又死というものに対して話す場です。

heartほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

«こじれた関係性に取り組むには善意のファシリテーターが不可欠

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ