2017年3月 9日 (木)

5月大阪マトリックス・リバーシングセミナーとプロセスワーク①セミナーのお知らせ

★さて、大阪にてマトリックス・リバーシングのセミナーを開催いたします!前回予定が合わなかった方も是非ご参加ください。

Mombaby

過去の傷ついた場面を癒すマトリックス・リインプリンティングはEFTを使ったセラピーです。マトリックス・リバーシングはそこから派生したセラピーテクニックですが、比べるととてもスピリチュアルなセラピーです。記憶がないはずの、生まれる前や生まれた時、当時の家族関係にも優しくクリエイティブにアプローチするため、家系の癒し、トラウマの癒しにもなる、素敵なセラピーです!

JMET告知欄より、
リバーシングはバーストラウマを癒すためのテクニックです。

出産は、赤ちゃんにとってもママにとっても強烈な痛みが伴うトラウマ体験の1つ。
出生時に感じた不安や痛み、恐怖感が根深いビリーフとなり
その不安感が生きるベースになってしまうこともあります。

リバーシングでは十分に不安や恐怖を癒したあと、
リラックスした状態でこの世に誕生したイメージを強めていきます。

リバーシングは原因不明の不安などにとても効果的です。
自己信頼が増し、生きやすさへつながるセラピーです。

【参加要件】リバーシングはマトリックス・リインプリンティング受講済か、
ロンドンコースでマトリックス・リインプリンティングを学んだ方のみご参加可能です。

セミナーはJMET認定修了証付きです。
セミナーで学習した技術はセッションとしてお仕事にご活用いただけます。
(ワークショップを開くことはできませんのでご了承ください)

shine

開催日時 5月14日(日) 10:00~16:00

場所 大阪福島区吉野(阪神野田駅より5分)

料金 12,000円

定員 10名

キャンセル規定
キャンセル待ちの方の参加が決まった場合のみキャンセルを承っております。
その際の、キャンセル手数料は2,000円です。

お問い合わせは kopisusu2@hotmail.co.jp  まで。

shineマトリックス・リバーシングの個人セッションも受け付けておりますshine

家族のテーマでお悩みのクライアントさんには、何度かセッションを受けられてからマトリックス・リバーシングのセラピーを受けられることを個人的にはおススメしています。

マトリックス・リバーシングに興味がある人も、そうでない人も。。。

→ セッションメニュー 

★プロセスワーク①セミナー(APWカウンセラートレーニングコース)は5月20日・21日に大阪で開催いたします。

内容: 

プロセスワークの理論を踏まえ、クライアントの未来のサポートを学ぶ。
クライアントの短期・長期のプロセスを知る。夢とボディワークの理解を深める。
フィードバックをキャッチするスキル、フィードバックに合わせたカウンセリングを身に着ける。
知らないと気づかぬうちに暴君カウンセラーになってしまう・ずっともめ事が解決しない・人間関係の中でモヤモヤした腑に落ちない感を抱き続けてしまう、「ランクの概念」を学ぶ。

日時: 5月20日・21日 10:00~16:30

場所: 大阪・阪神野田駅より5分

定員: 10名

料金: 一般26,000円 学生24,000円(学生はAPWカウンセラートレーニングコースに入られた方です。コースにご興味のある方はご連絡ください。詳細のPDFをお送りします)

心理学を学びたい方、
円滑な人間関係を持ちたい方、
セラピストになりたい方、
セッションでどうしたら良いか困ったことのある方、
セラピストとして力をつけたい方、
のお役にたてるセミナーです。
又、そんな方々に届くよう、セミナー開催のシェアや転送も歓迎いたします。

kopisusu2@hotmail.co.jp
 
お問合せお待ちしています。

 

heartA Path in the Woods ほっとひと息お悩み相談 →  

心理カウンセリングとプロセスワークで新しい自分に出会う (電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

反省させると犯罪者になります

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー&プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

★疲れやすい・生きづらさを感じるエンパスの方をサポートする記事を書いています。

★他者理解と自己理解、人間関係とセラピストのセッションに役立てるための病態水準(ベーシック)のセミナーは東京3月18・19日です。

最近あまりの体力低下を感じたので、加圧トレーニングを始めました。
始めてみると、元体育会系の血が騒ぎ、楽しいです。
久しぶりにトレーニングをすると、血流が良くなるせいか、気分が少し高揚するのも感じます。
短時間で、又小さな負荷でも筋肉に刺激が行くため、リハビリや寝たきりの方のトレーニングとしてもすごく良いそうですよ♪
shine
 
さて、みなさんは殺傷事件のニュースを見たとき、逮捕された容疑者が反省しているか気になりませんか?

私はそうでした。以前は反省の言葉があるかどうか、すごく気になってました。反省の言葉もなく、という報道に、「けしからん~。ひどすぎる~。」と憤っていました。
しかし、反省をすぐに求めて、本人が反省してもいないのに、「悪いことをしたら、反省するべき」という常識を元に無理やり反省を強要するとろくなことにならないようです。
最近読んだリアル現場の声がたくさん聞ける良書をご紹介します。↓

 
「反省させると犯罪者になります」 岡本茂樹著ー著者は刑務所での累計受刑者の更生支援をされている臨床教育学博士で、刑務所の規則と苦闘しながら受刑者の再犯防止と、人生の再出発の援助に尽力しておられます。

心理になぞらえるとそれはそうだな、と納得なのですが、とても良い本でした。。

 
万引き、未成年の喫煙、いじめ、などなど、悪いことをしたら、反省文を書かせて反省度合いを測って処分を決めるという学校は多いようです。そして被害者の気持ちを理解させようとするプログラムを実施しているところもあるようです。

又同じように、多くの刑務所でもどれだけ反省しているかを測るべく、受刑者に反省文を書かせるようです。そして被害者家族の手記や被害者側の悲しみを語ったビデオ教材を視聴させたりするそうですが、あまり効果がでないのです。

「あいつのせいで自分が刑務所に入ることになった」と、殺した被害者のことを逆恨みしている受刑者や反省していない受刑者はとても多いそうです。本人に賢さがあれば、その気持ちを隠して、上っ面だけの反省文を書くことは可能ですよね。

以前、ストーカー被害にあったウーマンラッシュアワーの村本さんが、刑務所に行って反省文書かせて作業させるだけじゃなくて、ちゃんと受刑者の心のケアをしてほしいとテレビで語っていましたが、本当にそうだなと思います。



本当に大事なのは心からの反省です。

そのためには、問題を起こしてすぐに反省を強要することは無意味です。

よくよく考えれば、相手を思いやる心があれば殺人もいじめもしないのです。


人の命や心や身体を粗末に扱えるほど、その人は自分の命や心や身体を粗末に扱っているということです。


それらの多くは親や兄弟、又は周囲の人々から傷つけられた体験をしていて、その心の傷を見ないようにしているのです。又はそのストレスを外に発散していたりするのです。ストレス発散は大体弱い方へ向かいますね。

いじめのテーマでは、ついいじめられた側の子が注目されがちですが、注目すべきは加害者側の子供だと思います。

子供の問題行動はチャンスとみて、反省させる前に、何か我慢してしんどいことはないか、嫌なことがあるかどうか、大人や親、援助職の立場にある方は気にかけて話を聞いてあげることが大事です。


どうも原因がよく分からない時、親の夫婦関係がうまくいってるか、家族の中に緊張がないか、大きなストレスがないか、気にかけてみてください。家族に何かあるとき、一番サバイブする力が弱い子供に問題行動がでることが多いです。

その本の中では、(もちろん全員ではありませんが)受刑者が岡本さんのような援助者に見守られながら、彼らの過去にまつわる心の膿を出し切った時に初めて被害者への傷の痛みに気持ちが向き、真の反省へと向かい涙することが出来るようです。氷が解けるように。

孤立しないように、他者を信頼して、頼れたりする心作り、間違ってもやり直せる場所、受け皿のある安心できる社会を作っていきたいですね。


最近、アイドル女性を刃物で暴行したストーカー犯罪の裁判で検察より17年の求刑がされているニュースを目にしたこともあり、社会の課題を感じました。私にできることをしていきたいです。

shine
A Path in the Woods(ア・パスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
心理カウンセリングとプロセスワーク(電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

病態水準を明るく学ぶ♪ー大阪開催終了しました

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

★疲れやすい・生きづらさを感じるエンパスの方をサポートする記事を書いています。

★他者理解と自己理解、人間関係とセラピストのセッションに役立てるための病態水準(ベーシック)のセミナーは大阪2月開催は終了しました、東京3月18・19日です。

・突然怒り出す上司や家族が理解できないと思ったり、(又は突発的に怒りがわいたり、ある人が急に大嫌いになることはありませんか?)
・不満を持ちながらも転職しない友人、知人にアドバイスしても一向に変わらず、何か他に問題があるのかなぁと感じたことはありませんか?(又はやりたいことがあるのにどうしても途中までしか実行できないことはありませんか?)
・一見感じが良いのにトラブルを生む人に出会って苦しんだ経験や、長い間騙されていた経験はないですか?

セミナーでは、その方々(又は自分自身)の心を微細に理解することができ、上手な関わり方ができるようになります。
又、EFTやマトリックスといった感情解放系のセラピーが心の負担になってしまうクライアントさんもいますので、そういった知識を学ぶことはセラピストにとっても不可欠です。

このセミナーでは精神分析理論に基づいた先人の大いなる知恵を勉強します。
しかし精神疾患についてラベリングするというのでもありません。
人間関係(自己理解と他者理解)やクライアントさんの理解に役立てます。

大阪参加者のご感想一部紹介shine

〇全く知らない事柄ばかりだったので、とても新鮮で学び甲斐がある内容でした。同時にカウンセリングやセラピーについての学習の奥の深さに改めて気づかせて頂きました。
普段の生活の中で「なんであの人は~」と感じるケースの理解が深まりました。更に自分にも当てはまる事があり、自己理解も進みました。

〇とても深い内容、中身でした。とてもよかったです。
病態水準だからといって枠にはめたりしないが、普段の人とのコミュニケーションにも照らし合わせられると思います。クライアントとの信頼関係、共感、セラピスト自身の投影やどう感じているかも気づいていることの大切さも改めて分かりました。

〇とても興味があった分野なので、受講して本当に良かったと思います。自己愛パーソナリティー障害のケースは周囲にも思い当たる人たちがいるので実際にその人たちと接する時に役立つなと思いました。EFTやマトリックスなどセラピーのツールを使わない方が良いケースがあるということを知って良かったと思います。自分に有効だけれど、他者には有害だったりするんですね~。

熱心に、楽しく学んで頂きました。ありがとうございます♪

私も含め(笑)みなさんのシェアのお陰でセミナーのタイトルを笑い飛ばすような、明るく又より多彩な学びの場となったように感じています。セミナーを理解しながら、誰しもが持つ傾向、特性含め、上手に付き合えることを目指しています!

お申込み、お問合せお待ちしています。kopisusu2@hotmail.co.jp まで。

shine
A Path in the Woods(ア・パスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
心理カウンセリングとプロセスワーク(電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

透明であるのではなく、レインボー

★疲れやすい・生きづらさを感じるエンパスの方をサポートする記事を書いています。

★他者理解と自己理解、人間関係とセラピストのセッションに役立てるための病態水準(ベーシック)のセミナーは大阪2月4・5日、東京3月18・19日です。

是非ご覧くださいshine

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

さて、心を扱うセラピストとしては、普段も、日常生活の中で心が反応したことや、辛いな~と思ったことへも自分でワークをすることを心がけています。

 

というのは実は現在はほぼウソで、

これは~!と思うことはちゃんとマイセラピストの所へ持っていき、カウンセリングを受けます。ほぼ、と言ったのは、自己ワークは振り返ると、まあやってると言えばそれなりにやってるかな~という感じだからです。

しかし以前は、しっかり自己ワークに励む日々を送っていました。

悩みの原因を掘り下げて、それに感情解放のEFTをしたり、マトリックスしたりしていました。

でもワークしようとして、”ある時”がやってきたのです。

「なんか、これ、EFTって感じでもないなぁ(関西弁)」
って思ったのです。

EFT大好きだったのに。でもなんか違うと私の心は言っているのでした。

そんな私のもやもやをセラピストの所へ持って行き、自分が無意識に感じていた大事な在り方も再認識したりととても有意義なセッションができたこともあって、それ以来、むやみやたらとEFTに走ることがなくなりました。

そしてもう少し丁寧に自分と付き合えるようになりました。

例えば、透明や白にならなきゃだめだという思考をもとに、

心の癒しに取り組んでも、
 
人から相談を受けても、

クライアントさんの話を聞いても、

この人の投影がそうさせてるだけ、と無理くり感情移入を止めてしまったりすると、

 
どんどん他人の気持ちに対する解離が起こって人の気持ちが分からない人になってしまいますよね。

辛い時に負の感情を解放するのはすごく良い、でもそこに「色んなものから解放されて真っ白ですばらしいキラキラした人になるため」というエゴがないか、確かめてください。

それがあるとしんどいんです。

「今の私はキラキラしてないからダメ」というエゴも必ず同時に存在するからです。

 
色んな色を楽しめて、持つことができる自分、

罪悪感なく、

白黒じゃなくグレーでいられる自分、

 
そんな私作りのサポート/セッションをしています。

shine

真っ白ではなくレインボー。

先に色ありき、世界と同じ、多様性ばんざいなのですheart

そして七色の光が重なり合うとなんと不思議、白になるのでしたよね♪
shine

NEW MENU ★スピリチュアルセッション★

スピリットリーディング

悩みを元に日本に存在するスピリットにアクセスしながらリーディングし、ワークを通して得た気づきや英知を現実的に生かせるよう落とし込んでいくセッションです。(神託カードを使用します)

  • にっちもさっちもいかない問題がある方
  • クリエイティブなアプローチに興味のある方
  • 不思議なもの、スピリチュアルに興味のある方
  • 自分自身の直観力、感覚、感性を伸ばしたい方
  • 何かをブレイクスルーすることへの抵抗がある方

におすすめです。 

 80分 16,000円 → 期間限定モニター価格13,000円(好評につき、3月末まで延長します!)

ご連絡お待ちしています。kopisusu2@hotmail.co.jp まで。
どうぞ宜しくお願いいたします。
shine
A Path in the Woods(ア・パスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
心理カウンセリングとプロセスワーク(電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

新メニューと2月4日~6日大阪出張セッションのお知らせ

★疲れやすい・生きづらさを感じるエンパスの方をサポートする記事を書いています。

shine

さて、2月4・5日(土日連続)の病態水準(ベーシック)のセミナー開催日が近づいてまいりました。

引き続き、お申込みを受け付け中です。

病態水準という言葉は少し専門的に聞こえるかもしれません。が、不安感にさいなまれたり、何度も手を洗ってしまったりといった強迫行為など、どこかで聞いたことのある「神経症」の脳のメカニズムや、「パーソナリティ障害」の特徴、日本人とパーソナリティ障害の関係などと、「精神病」の方の心や自我がどうなっているのかなど、人との関係において役立つ知識をお伝えします。

セラピストとしてカウンセリングを行う上でも押さえておくべき大事なものになります。

心理学に興味のある方、人間関係に役立てたい方、セラピストの方のお申込み、お待ちしています。

★カウンセリング大阪出張セッションのご案内

セッションスケジュール

2月4日(土)19時~

5日(日)19時~

6日(月)10時~、13時~、15時~、夜応相談

(時間は前後する場合がございます・応相談)

場所:阪神野田駅より徒歩5分

又、今回特別に大阪でのすべてのセッションで
★メディカルアロマのセッションを提供させて頂きます。
キネシオロジーに基づき開発されたメディカルアロマを使用します。身体の筋肉反射を見ながら、あなたが求めるベストな香りをかいで頂き、身体からのストレスを解消します。(香りが脳に直接働きかけますのでとってもパワフルです!)
  • 過去の恋愛の傷、女性性(豊かさ)の発揮
  • インナーチャイルドの癒し、原因不明の片頭痛や親子関係に
  • パワハラ・モラハラ被害、自営業のストレスや人と一緒にいても孤独を感じる方
  • バウンダリー(境界線)強化、人込みで疲れる、霊障、物事に振り回される
  • エネルギー不足、転機、変わりたい、流れに乗りたい、魂の求める生き方をしたい

など。当てはまるものがある方、興味がわいた方は是非この機会にお受けください。 

・80分カウンセリング 14,000円

・90分エナジーバランスセラピー(約60分カウンセリング&ヒーリング) 16,000円

+フラワーエッセンス1ボトル 3,000円

・110分ソウルクリアリングセラピー(カウンセリング80分&ヒーリング+フラワーエッセンス1ボトル) 21,000円

ー部屋代込

NEW MENU ★スピリチュアルセッション★

スピリットリーディング

悩みを元に日本に存在するスピリットにアクセスしながらリーディングし、ワークを通して得た気づきや英知を現実的に生かせるよう落とし込んでいくセッションです。(神託カードを使用します)

  • にっちもさっちもいかない問題がある方
  • クリエイティブなアプローチに興味のある方
  • 不思議なもの、スピリチュアルに興味のある方
  • 自分自身の直観力、感覚、感性を伸ばしたい方
  • 何かをブレイクスルーすることへの抵抗がある方

におすすめです。 

 80分 16,000円 → 期間限定モニター価格13,000円(2月末まで)

ご連絡お待ちしています。kopisusu2@hotmail.co.jp まで。
どうぞ宜しくお願いいたします。
shine
A Path in the Woods(ア・パスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
心理カウンセリングとプロセスワーク(電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

トラウマを防ぐ小さな力 傍観者から勇気を出してもう一歩

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

先日テレビを見ていたら、ある方が、自分の小学生の息子が男子グループと一緒にある女生徒の容姿をからかう発言をしたということで、体罰をしたという話をしていました。ですが、実はその息子さんだけは女生徒には何も言わず、いじめに加担していなかったことが分かったそうです。そして、「息子に体罰をしてしまったけど、えん罪だったんです」と言っていました。

さて、被害者側からみてトラウマ的な体験であるいじめや暴力の現場で、必ずといっていいほど登場するのがこの息子さんのような「傍観者」です。

「傍観者」は、そこで何もしない人です。

この「傍観者」が多ければ多いほど、被害者は傷つき、被害者の孤立感は高まります。

ここで目立つのはまずい、

あの人(いじめの首謀者)に従っておこう、

関わるのはやめておこう、

などと計算の元に傍観している人もいるでしょう。

 
例えこの「傍観者」が 
どうしよう。。。何とかしなきゃ、

ああ、もう少し勇気があったらいじめてる奴に~~って言ってやるのに、

今日こそ、何とか止めなければ、

 
などと心の中で葛藤していたとしても

表面的には 何もしなかった人 です。

この世からいじめは多分、無くなりません。

でも、そんな場に遭遇した時に、傍観者ではなく、

「これっていじめじゃない?」

「何してるの?」

「なんであの人は泣いてるの?」

「なんかイヤな感じがする」

と勇気を出して ”何か” を場に出すことはできます。

それだけでその場の雰囲気は少し変わるのです。

そうするだけで、同じ気持ちを持ってる人は更なる言葉を出しやすくなって、「そうだよね」と言えたり、被害者は少しでもホッとすることができるのです。

今、小さな勇気を持てる人は、そんな場に立ち会ったらぜひ働きかけてほしいのです。

それが人の心の平和やグループの平和と世界の平和につながる小さな一歩になると思うのです。

(DV家族の中での子供の傍観者の場合はなかなか言葉を発したり関わったりすることはとても困難です。続きは次回に。)

こんな素敵なリンクも見つけました。→ ヘイトスピーチや嫌がらせを発見したときにするべき4つのこと

shine
次回、病態水準(ベーシック)のセミナーでは、神経症やパーソナリティ障害などの特徴や原因を広く学びながらそれぞれの心的世界もケースや物語に照らし合わせて紐解きます。
★人間関係を円滑にしたい方や、EFTやマトリックスなどのセラピーに特化したものを提供するセラピストさんが押さえておくと良い知識が学べます!今回は、資料多め~!

shine
A Path in the Woods(ア・パスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
心理カウンセリングとプロセスワーク(電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

一番つらいことから何を得る?

みなさん、こんにちは。あけましておめでとうございます。
心理カウンセラー&プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

関東はとても暖かなお正月でしたが、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?

さて、昨年12月にハートネットTVで、14歳の俳人小林凛くんのドキュメンタリー番組を見ました。私が見たのも再放送だったみたいです。

凛くんは小学校から不登校児。中学も2か月で行けなくなったそうです。そこにはいじめ体験があり、凛くんの

「知識を得るというよりは、奪われる感じ」

という表現にすべてが詰まっているようでした。

しかしそこには凛くんの素晴らしい俳句があり、104歳の日野原重明先生という医師との交流が生まれ、凛くんの周りの自然や昆虫、飼い犬の表情が心なしかものすごく生き生きしているのです。(リンクに素敵な俳句や会話が紹介されています↑)

いじめのせいで凛くんは学校に行けなくなった。

でもいじめがなかったら凛くんは素晴らしい俳人にはなってなかったかもしれない。
(勿論いじめを肯定しているわけではありません)

プロセスワークの創始者アーノルド・ミンデル(ユダヤ系アメリカ人)も幼少期にイタリア系の子供から、ユダヤ系ということでひどい暴力を受けていたそうです。

アーニーが幼少期に強烈な人種差別に基づく暴力を受けていなければ、現在、国家間やコミュニティの葛藤解決のために奔走することもなかったかもしれない。

私の場合はリラクゼーションサロンで働いていた時に強烈なパワハラを受け、そのせいで嚥下困難と腱鞘炎になって腕が使えなくなり、退職。

人生で一番お先真っ暗などん底の時に、出会いと転機がやってきて一旦はやめてしまったカウンセリングの勉強を再び始めることになりました。それが今の私に繋がっているのです。

過去のつらい出来事が私たちを支えたり駆り立てたりして、

未来が切り開かれたり情熱をもってあるものを大事にできる、そんなことがたくさんあると思います。

突然の災難もしかりです。あなたに別の生き方を要求しているのです。

「すべてはギフトなのだ」と、

リフレーミング(意味を変えてみる)すると、

あなたの人生はどう変わっていくでしょうか?

そこからあなたが大事にしたいものは何でしょうか?

それは形にできるものではないでしょうか?

あなたが目を向けていなかった、丁寧に扱うべきものはあるでしょうか?

もう大人なんだから、と言ってないがしろにしてきた大事な気持ちはあるでしょうか?

それは「何だろう?」を探すお手伝いも積極的にいたしますよ~。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

森本道子

shine
A Path in the Woods(アパスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«病態水準のセミナーのお知らせ