« この思考・感情はどこからくる? | トップページ | (2014年3月)第5回・6回インテグレイテッド心理学基礎講座のお知らせ »

2014年2月14日 (金)

「仕事が楽しい」と聞くと腹が立つ

shineみなさま、ようこそのお運びで厚く御礼申し上げますshine

又明日も寒くなりそうですね。

「心理学の勉強が楽しい」とか

「仕事が楽しい」

と言う発言がどうもかなり気に食わないらしい父。

仕事が楽しい、と言った瞬間に否定的な言葉が必ず飛んできます。

そんなことを言うなんてひどいな、と思う人もいるかもしれません。

ちなみにカウンセラーが家族、友人、恋人をカウンセリングすることは不可能です(セラピーはOKですが)。深刻なことでなければOKかもしれませんが、元々近しい関係性がある場合、カウンセラーとして相手に寄り添って聞くことは非常に困難ですし、こういう風になってもらいたいという無意識の意図が入ってしまうので実はすごく難しいです。又相手方もそうそう心の内をベラベラと話しません。←しかしこれはすごく健全なことです

話を元に戻すと、そんなことを言うなんてひどいなぁ、と思うとしたら、

頑張っている子供を親は応援するべき、やポジティブなことを口に出すべき、などの前提的な思考があります。私もはじめは父の発言にムカッとしました。

↑この思考を少し横において、父の発言(パターン)を見ると、私の「仕事が楽しい」発言で父の潜在意識の中の思いをものすごく刺激していることが理解できます。又父の仕事は責任が重く、ストレスの多い仕事だったことは退職して温厚になったことからも想像に難くありません。

本当は仕事が嫌いだった人、本当は辞めたいのに仕事を続けている人、本当はパワハラに傷ついてるのに傷を見ずに仕事をしている人などからみると

「仕事が楽しい」という家族や親友や恋人と言った近しい人

はそれなりに大きな刺激物になってしまいます。

又例えば仕事を辞めるとやっていけないかもという不安感や
周囲に認められるようなことをすべき

という思いが大きい場合は、楽しんでる人がいるんだ、私もやってみようかな、とははじめはなかなか思えません。それよりも能天気なことを言っている!などと批判したくなったり、逆にあなたはすごいけど私なんて、と悲観することもあるかもしれません。

人間関係は投影合戦なので、当たられることもしばしばです。パーソナルに取らないことも秘訣ですね。潜在意識の思いなどもうすこし詳しく知りたい方は是非インテグレイテッド心理学基礎講座をお受けください。

ただ、はっきりこの仕事が私の喜び!というのがなくても、私はどんな仕事でも自分の気持ち次第でそれなりに楽しんで充実させることはできると思っています。

カウンセリングのアプローチとしては、今の仕事は楽しくないから転職をしよう、私が好きなものは何か分からないなぁ、だけでなく、例えばなんだかぱっとしない感じ、をテーマにして心を見ていくのもかなり有効だと思います。

最近複数のクライアントさんから、仕事の人間関係が改善したり、仕事が楽しくなったという嬉しいお話を聞かせて頂きます。もちろん仕事を変わったわけではありませんよgood癒しや気づきのパワーはあなどれません。

shine

2月22日(土)は目覚めの瞑想ワークショップです。是非心とからだに贅沢な一日を過ごしましょう!

« この思考・感情はどこからくる? | トップページ | (2014年3月)第5回・6回インテグレイテッド心理学基礎講座のお知らせ »

家族関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044412/54984571

この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事が楽しい」と聞くと腹が立つ:

« この思考・感情はどこからくる? | トップページ | (2014年3月)第5回・6回インテグレイテッド心理学基礎講座のお知らせ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ