« プロセスワークセッションのご感想紹介 | トップページ | インナーワークは瞑想ワークではなく。。。 »

2016年5月10日 (火)

知ってると知ってないではえらい違い、スピ的エネルギーサポート

みなさん、こんにちは。
日本では、フラワーエッセンスとホメオパシーの地位がえらい低いな、と改めてつぶやいてみます。

イギリスでは普通の薬局でフラワーエッセンス(お花のエネルギーを転写した液体、感情や心の状態に応じて飲むと良いと言われています)を買うことができます。それもコンビネーションボトルは日本の三分の一くらいの千円ちょっとくらいで(安い!)

ホメオパシーは同種療法とも言われ、こまかい身体症状に応じて100~3000種ほどレメディがあるため、ホメオパスになるのは結構大変というイメージがあります。
私はエインズワース社のホメオパシーホームキットを持っています。レメディは42種類で、素人が使えるように効能は低め。せき、喉の痛み、鼻水などの風邪症状、頭痛、傷、アレルギーなどに対応しています。(が、ヒットさせるのはちょっと難しい)

感情や繰り返すパターン、トラウマに関してはフラワーエッセンス
身体症状にはホメオパシー
という使い方をしています。

フラワーエッセンスは穏やかに作用するものなのですが、突発的な感情が出た時に飲むと本当に花の力ってすごいなーhappy02と思うほど楽になります。

今家には
バッチのフラワーエッセンスのボックスセット39種類、
ブッシュのフラワーエッセンス入りのアロマスプレー、
フィンドホーンのフラワーエッセンス、

ホメオパシーのキット、
ホメオパシーのサプリ的レメディ、ティッシュソルト
放射能排出レメディ

リトルトリーのキネシアロマ(医療用、その他もろもろへの香りの癒し)、

大きく分けて3種類のものがあり、それぞれ一緒には置かない方が良いらしいので、部屋の置き場に困っていました。
模様替え後、やっとそれぞれの定位置が決まりました。

セッション後など継続的な日常サポートとしてはフラワーエッセンスがおすすめですよheart
心の状態に合わせてオリジナルのミックスボトルをお作りしています。
薬と違って副作用がありませんし、安全です。
(セッションではたまにキネシアロマも使います)

身体症状で病院に行けばすぐに薬が処方されますが、西洋医学は基本的に身体の症状を抑えるという薬を出します。そして薬には必ず副作用があります。製薬会社が儲かるための投薬に流されない、賢い選択をしたいですね。私は基本的に薬は飲みませんが、どうしても耐えられない痛みがあるときだけ、頭痛薬を飲んだりすることはあります。

日本で身体に無害なものが広く認められてしまうと、製薬会社がかなり困る状況になりますね。そんなことから日本で代替療法が認められにくい、効能を語ってはいけない、上記のレメディの輸入税が高い、など、ハードルは高いですが、良いものは良い、です。

食事、身に付けるもの、洗剤やせっけん、生活用品、などなど、身体と地球に良いものを選びましょう。

このあたりのことは、又改めてどこかでお話したいですね。

shine

heartほっとひと息お悩み相談 → 心理カウンセリングでメンタルヘルスをサポート  (電話・スカイプセッションも行っています)

« プロセスワークセッションのご感想紹介 | トップページ | インナーワークは瞑想ワークではなく。。。 »

心と身体への癒し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044412/65399910

この記事へのトラックバック一覧です: 知ってると知ってないではえらい違い、スピ的エネルギーサポート:

« プロセスワークセッションのご感想紹介 | トップページ | インナーワークは瞑想ワークではなく。。。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ