« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の3件の記事

2017年5月27日 (土)

アンマの抱擁、宗教と宗教性との関わり

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。
 

先日アンマの抱擁を受けてきました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?

毎年無料で行われるイベントで、人道的支援活動をされているアンマが奉仕の抱擁をしてくださるというエンブレイシングザワールドというプログラムです。今年で27回目だそうです。

配られた冊子を読んでもキリスト教、仏教、などの宗教、という言葉はどこにも書かれていません。数年前に一度ある人から勧められ、今年又別の友人から勧められたので、これも何かの縁かしらと思い、行ってきました。

整理券をもらってからは、物珍しさから、列に並んで延々とアンマの抱擁を受ける人々を見ていました。抱擁を受けて涙ぐむ人もいます。ボランティアやおつきの人たちもたくさんいます。その方たちが、アンマに失礼のないよう、又抱擁がスムーズに進むよう、サポートしています。

会場ではアンマのグッズ販売や、アクセサリーの販売などがあって少しがっかりしましたが、良心的な金額でした。すべて無償で神格化されたものをどこかで想像していた自分を発見し、ああビジネスなんだなと、少しほっとする気持ちも出てきました。

そして自分が受ける順番になったとき、前に並んでいた母に連れられた小さな子供は母親の神妙な雰囲気と、アンマ周辺の物々しい雰囲気を感じ取ってギャン泣き。その男の子の背中を擦ってるとあっという間に自分の順番。

アンマには体重をかけないように、と前もって注意を受けていたので遠慮していたのですが・・・

ぐいっ(頭をつかまれて)

がしっ(胸にのせられる)

(耳元で)『〇×〇△〇×~~~~~~~~~~~』

とアンマにしゃがれ声でマントラをつぶやかれて、

あっという間に終わり。

この間、一切目も合わず。

かなり、カルチャーショック。

しかし優しいうっとりとした抱擁でなく、このなんかぞんざいと感じるほどの抱擁が私には良い感じでした。

私のこの個人的な体験では、アンマは「マントラを伝えるメッセンジャー」となり、身体で言葉を感じるという体験が感覚派の私にはすごく良かったです。

 
「愛を配る人」という投影を受けるアンマ、すると必ず「愛を欲する無力な人」というロールが立ちます。瞬間にこのロールにはまるのは良いのかもしれません。おそらくすごく心地よい。

しかしこのロールにはまり続けると愛やパワーを自分自身が持つことはおそらく一生出来ないでしょう。

その後しばらく、その場で瞑想させてもらいました。

宗教と宗教性、私の人生にこの二つは色んな形で姿を見せています。

宗教との関わりを持ってる人はとても多いと思います。自分自身だけでなく、親や親せき、友人がある宗教を信仰している、など。(信仰の自由はもちろん守られるべきものだと思っています)

ほとんどの宗教は「平和」を目的としたものが多いと思います。

しかし、残念ながら宗教や宗教性の存在は時として分断を生み、そこには痛みもとても多く存在します。そこには必ず「何が正しいか」という議論が存在し、特権者の権利の乱用という問題も大なり小なり存在します。宗教性(や教祖様的なもの)という大いなるものに、個人(教祖様本人も)が簡単に巻き込まれてしまったりします。

人生の悩みや夢は人それぞれですが、自分自身の宗教性とどう折り合いをつけていくのかというのはすべての人に共通した大きなテーマだと思います。

そんなことをこれからの長い人生を通して気にかけてみるのも良いかもしれません。

heartほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

優先順位をつけるとワクワクからは遠ざかる

みなさん、こんにちは、心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

2012_08_19_0006

 

約10年ぶりに「ソース」という本を再読しました。あなたの人生の源はワクワクすることにある、自分がワクワクすることを追い求めて生きることをすすめる名著です。

何を隠そう、私はこの本のお陰で社交ダンスに3年間没頭し、やめてしまった趣味の洋裁を下手ながら続けることになりました。読みなおした今は、絵具を買ってちょこちょこと創作しています。出来上がりの達成感もありますが、実は創作のプロセスが一番楽しいです。

本を読み切る前は、「でも優先順位ありきだよな~」と思い込んでいましたが、

ソースの著者、マイク・マクマナスは

優先順位はつけてはいけない。

ワクワクすることは全て同時進行で取り掛かるもの。

そうすると生活の質や体力、気力も向上すると断言しています。

同時進行なんて無理、と思いますよね。

しかし、マイクさんは

すべてのものに、同じだけの情熱を傾けるというのは、それぞれのワクワクについて同じくらいの情熱と関心を持って向き合うということで、同じだけの時間やお金や体力を使うことではありません。

やりたいことに優先順位をつけると、最後までやれないことが残ってしまいます。いつもリストの最後にあって、実行できなくなります。あるいは実行しないための言い訳として優先順位があるのかもしれません。思い当たることはないですか?

と問いかけます。なるほど~、と思ったのは、同時進行でコーチングの本を読んでいたのですが、全く同じことが書かれていたところがあったのです。

①緊急性はないけど大事なもの、

というのは、
②緊急性があって大事なもの、や

③緊急性があっても大事でないもの、

ばかりが優先され、必ず後回しにされるので、この①をコーチしないと一人ではなかなか向き合わないと。

私自身にもすごく当てはまりました。「自分にとって大事なんだけど、緊急性はないので手つかず」になってるもの、結構あるんですね。

そんなものにしっかり取り組もうと思っています。全部私なりの形で大事にしようと改めて思いました。

みなさんも、ぜひ大きなワクワクから小さなワクワクまで、楽しい嬉しいを、探ってみてください。

ちなみに私のワクワクを少し紹介します。

〇私はカラフルな糸が並んでるのをみるだけでワクワクします。生地屋さんで生地をみるだけでテンションが上がります。そこで、下手だからとジャッジしないで作れる範囲の洋服や、コースター、ハンカチなど作っています。

〇私はチャレンジがすごく好きです。ダンスのクラスもレベルの高いところに入って、汗水たらして必死になって頑張るのが好きだったように、私にとってちょっと大変かも、というものに頑張って取り組むというのが好きです。

〇私は料理を作るときは中島みゆきの歌を熱唱するのが好きです。特に疲れてるときの効果ががものすごく、歌うだけで疲れを忘れて楽しく料理が作れます。

shine
ワクワクを実践する大事なポイント

 
★ワクワクと依存症を見極めること

依存症はどこまでいっても満足しない特徴があります。そして依存症は健康や金銭や人間関係を阻害しますのでチェックしてください。

★まずは、小さな一歩を踏み出すこと(すごく大事です)&好きなものの周りをうろつくこと

★ワクワクを実行しているのに、「なんのためにやってるの?」とか「ヘタなんだからみっともない」「お金にならないじゃないか」などの内なる批判者(周囲にいる場合もあります)がいる場合は対峙する必要があります。

批判者に負けてしまう場合は、カウンセリングを活用してください。

★ワクワクを実践するには、それらの本質をとらえること

本質を捉えることってすごく大事ですね。プロセスワークのワークにも同じ要素があります。自分が好きなもの、あこがれるもの、嫌いなもの、の本質を絞ることや見つけていくことで広がる世界がありますよ。

 
 
 
heartほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

魂の私に触れるセラピーと未来の私をエンパワメントするためのセミナー

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

まだまだ募集中です!↓(今月は大阪にてマトリックス・リバーシングとプロセスワーク①セミナーを開催)

Babysleeping

マトリックス・リインプリンティングを学んだ方へ

★マトリックス・リバーシングセミナー

あなたのバーストラウマを癒すだけでなく、もう一度出産シーンをハッピーな状態にクリエイトすることでこの世に受け入れられている感覚と自己肯定感を高める素敵セラピーがマトリックス・リバーシング。大きな魂の旅を終えたときは大きな感動に包まれます!

何度セラピーをしても不安感が強いという方
この地球にいるべきじゃない、と感じてしまう方
現実感が薄いと感じる方

自己肯定感を高めたい方

におススメです!

JMET告知欄より、
リバーシングはバーストラウマを癒すためのテクニックです。

出産は、赤ちゃんにとってもママにとっても強烈な痛みが伴うトラウマ体験の1つ。
出生時に感じた不安や痛み、恐怖感が根深いビリーフとなり
その不安感が生きるベースになってしまうこともあります。

リバーシングでは十分に不安や恐怖を癒したあと、
リラックスした状態でこの世に誕生したイメージを強めていきます。

リバーシングは原因不明の不安などにとても効果的です。
自己信頼が増し、生きやすさへつながるセラピーです。

【参加要件】リバーシングはマトリックス・リインプリンティング受講済か、
ロンドンコースでマトリックス・リインプリンティングを学んだ方のみご参加可能です。

セミナーはJMET認定修了証付きです。
セミナーで学習した技術はセッションとしてお仕事にご活用いただけます。
(ワークショップを開くことはできませんのでご了承ください)

開催日時 5月14日(日) 10:00~16:00

場所 大阪福島区吉野(阪神野田駅より5分)

料金 12,000円

定員 10名

お問い合わせは kopisusu2@hotmail.co.jp  まで。

 shine

ユング派プロセス指向心理学を学びませんか?

★プロセスワーク①セミナー(APWカウンセラートレーニングコース)大阪開催

P6230534

プロセスワークの良いところは、人の中に眠るまだ意識されていない素質やパワーなどを見つけエンパワーメントするところです。その人の無意識からのメッセージを読み解くために夢を扱い、身体症状も扱い、身体と心の統合を促すツールであること。

又、クライアントのフィードバックを丁寧に見ることや、クライアントとセラピストの力関係に気づきを促すことで、クライアントを大切に扱うことを学ばせてくれる、とても気さくで公平でフレンドリーな特徴を持っています!今回は、プロセスワークプラクティショナーが、そんなプロセスワークのベースと良いところをぎゅっと凝縮したものをお教えします。

セラピストを目指す方、人の心理・心に興味のある方、面白いアプローチや理論を学びたい方、過去の癒しはだいぶ済んだ(又は)過去を見るのはまだ少しつらいという方、未来志向の楽しいアプローチを学びたい方におススメいたします。

内容:

プロセスワークの理論を踏まえ、日常に生かす。クライアントの未来のサポートを学ぶ。

クライアントの短期・長期のプロセスを学ぶ。夢とボディワークの理解を深める。フィードバックをキャッチするスキル、フィードバックに合わせたカウンセリングを身に着ける。

知らないと気づかぬうちに暴君カウンセラーになってしまう・ずっともめ事が解決しない・人間関係の中でモヤモヤした腑に落ちない感を感じ続けてしまう、「ランクの概念」を学ぶ。

大阪(2017年5月20日・21日の土日)

場所 阪神野田駅より5分

時間 両日共10:00~16:30

料金 一般26,000円 学生24,000円
(学生とはAPWカウンセラートレーニングコースに入られた方です。コースにご興味のある方はご連絡ください。詳細のPDFをお送りします)
●セミナー開催のシェアや転送も歓迎いたします。必要な方に届きますように。

〇当日参加できない方へ、USBと資料を販売しておりますので、お問合せください。
 
kopisusu2@hotmail.co.jp  まで。
 
heartほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »