« 優先順位をつけるとワクワクからは遠ざかる | トップページ | 7月の大阪・東京セミナーのご案内 »

2017年5月27日 (土)

アンマの抱擁、宗教と宗教性との関わり

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。
 

先日アンマの抱擁を受けてきました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?

毎年無料で行われるイベントで、人道的支援活動をされているアンマが奉仕の抱擁をしてくださるというエンブレイシングザワールドというプログラムです。今年で27回目だそうです。

配られた冊子を読んでもキリスト教、仏教、などの宗教、という言葉はどこにも書かれていません。数年前に一度ある人から勧められ、今年又別の友人から勧められたので、これも何かの縁かしらと思い、行ってきました。

整理券をもらってからは、物珍しさから、列に並んで延々とアンマの抱擁を受ける人々を見ていました。抱擁を受けて涙ぐむ人もいます。ボランティアやおつきの人たちもたくさんいます。その方たちが、アンマに失礼のないよう、又抱擁がスムーズに進むよう、サポートしています。

会場ではアンマのグッズ販売や、アクセサリーの販売などがあって少しがっかりしましたが、良心的な金額でした。すべて無償で神格化されたものをどこかで想像していた自分を発見し、ああビジネスなんだなと、少しほっとする気持ちも出てきました。

そして自分が受ける順番になったとき、前に並んでいた母に連れられた小さな子供は母親の神妙な雰囲気と、アンマ周辺の物々しい雰囲気を感じ取ってギャン泣き。その男の子の背中を擦ってるとあっという間に自分の順番。

アンマには体重をかけないように、と前もって注意を受けていたので遠慮していたのですが・・・

ぐいっ(頭をつかまれて)

がしっ(胸にのせられる)

(耳元で)『〇×〇△〇×~~~~~~~~~~~』

とアンマにしゃがれ声でマントラをつぶやかれて、

あっという間に終わり。

この間、一切目も合わず。

かなり、カルチャーショック。

しかし優しいうっとりとした抱擁でなく、このなんかぞんざいと感じるほどの抱擁が私には良い感じでした。

私のこの個人的な体験では、アンマは「マントラを伝えるメッセンジャー」となり、身体で言葉を感じるという体験が感覚派の私にはすごく良かったです。

 
「愛を配る人」という投影を受けるアンマ、すると必ず「愛を欲する無力な人」というロールが立ちます。瞬間にこのロールにはまるのは良いのかもしれません。おそらくすごく心地よい。

しかしこのロールにはまり続けると愛やパワーを自分自身が持つことはおそらく一生出来ないでしょう。

その後しばらく、その場で瞑想させてもらいました。

宗教と宗教性、私の人生にこの二つは色んな形で姿を見せています。

宗教との関わりを持ってる人はとても多いと思います。自分自身だけでなく、親や親せき、友人がある宗教を信仰している、など。(信仰の自由はもちろん守られるべきものだと思っています)

ほとんどの宗教は「平和」を目的としたものが多いと思います。

しかし、残念ながら宗教や宗教性の存在は時として分断を生み、そこには痛みもとても多く存在します。そこには必ず「何が正しいか」という議論が存在し、特権者の権利の乱用という問題も大なり小なり存在します。宗教性(や教祖様的なもの)という大いなるものに、個人(教祖様本人も)が簡単に巻き込まれてしまったりします。

人生の悩みや夢は人それぞれですが、自分自身の宗教性とどう折り合いをつけていくのかというのはすべての人に共通した大きなテーマだと思います。

そんなことをこれからの長い人生を通して気にかけてみるのも良いかもしれません。

heartほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

« 優先順位をつけるとワクワクからは遠ざかる | トップページ | 7月の大阪・東京セミナーのご案内 »

家族関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1044412/70687770

この記事へのトラックバック一覧です: アンマの抱擁、宗教と宗教性との関わり:

« 優先順位をつけるとワクワクからは遠ざかる | トップページ | 7月の大阪・東京セミナーのご案内 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ