« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の1件の記事

2017年10月 7日 (土)

こじれた関係性に取り組むには善意のファシリテーターが不可欠

みなさん、こんにちは。

先日アメリカから来られたプロセスワーカーのドーン博士によるいじめテーマの夜セミナー「いじめをやっつけろ」だったかな?に出席してきました。

ドーンかっこよかった~。

しかし、ドーンの

「目立つだけで、いじめのターゲットになりやすい」

という言葉を聞くたびに、なんとも言えない腑に落ち感がありました。

私も初めていじめのからかいにあったのは、そんな理由でした。

二人の男子と一人の女子の3人グループのいじめっこがニヤニヤしながら私の机に近づいてきて、

「なんであんたはランドセル持ってこーへんねん?そんな手提げ袋持ってきたらあかんやろ。」

と言ってきたのです。

小学生の当時の私は体力もなく、背も低く、ランドセルは重いし使いづらかったので、ほとんど使っていませんでした。当時の私にとってその3人の言葉は寝耳に水で、先生から注意されたこともなかったのですごくびっくりしたことを覚えています。

低学年でしたが、そのクラスではいじめがかなり横行していて、その三人組は色んな人をターゲットにしていじめていたのを覚えています。

shine

又セミナーのシェアをしたいと思いますが、今回はたまたま見つけてしまった素敵動画をご紹介します。

2年間口を聞かなかったかつての仲良しが二人の善意のファシリテーターを得て、怒りながら、信念や傷つきを正直に伝えあい、ものすごい交渉力を発揮しながら仲直りしていくというびっくりの美しい展開に泣いたり笑ったりとこちらも大忙しでした。

前半はルックスが悪いということは人よりも劣ってるんだという話に少し切なくなったりしましたが、後半は、いつもキモチ悪いと言われている田中さんの繊細な魅力が満載です。

ファシと言ってもお笑い芸人です。仲違いした二人をどこか面白がりながらも、素直なエルダーとして謝罪したりとすばらしい関わりでした。

本当に面白いので少し長いですが最後まで見て頂ければ嬉しいです。

家族や夫婦など、こじれにこじれ切った関係性を放置してしまうと本当に解決困難になっていきますが、仲たがい、行き違いはちゃんとファシリテーターが入るだけで相当解決するんですよね。

shine

質問テクニックをUpさせる・クライアントさんに合わせた質問の形・掘り下げなくても価値あるセッション♪など~を学びます

☆ワークショップお知らせ → 東京・グリーフケアのワークショップ11月12日行います。

 

 
heartほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ