« 女性個人として取り組むと良いことー詩織さん、#metoo問題 | トップページ | 物わかりの良い親の下に生まれないこと・・・「霊性向上のためのガイドブック」より2 »

2018年2月10日 (土)

こだわりから解放されると・・・「霊性向上のためのガイドブック」より

みなさん、こんにちは。森本道子です。春はもうすぐそこ、ですね。

 

 

 

 

最近感じるのは、「こだわりがあればあるほど、状況がそぐわないと不自由になり、しんどいんだな~」ということです。要するに、こだわりは価値観だからです。

 

 

 

 

更に、あの人はこうすべきという対人関係だけでなく、絶対こうしたい、こうあるべき、ということがあれば又状況によって苦しみますね。

 

 

 

 

最近はまっている由井寅子さんの本からの一節をご紹介いたします。

 

『荘子・内篇ー霊性向上のためのガイドブック』、

 

 

 

 

前書きより

 

 

 

(中略)何のために生まれてきたのですか? 

 

旅するためじゃないですか? 

 

ならば世界をゆっくり眺めたらいいじゃないですか? 

 

急いでいったら何も見られないじゃないですか。

 

 

 

 

霊的進化もそうです。慌てて進化して絶対と一体になってもしかたないでしょう。

 

いろいろ見て眺めてのんびり行けばよいではないですか。

 

旅を始めたのはゴールに到着するためではないはずです。

 

出発点にいち早く戻るために旅に出る人はいません。

 

 

 

 

確かに旅には目的がありますが、しかし旅をすること自体が目的だったりするのです。

 

であるなら、何も慌てる必要はありません。

 

生きていることそれ自体が人生の目的でもあるのです。

 

日々悔いのないよう精一杯生きることが全てです。

 

 

 

 

だから、焦らず、ゆっくり生きればいいのです。

 

 

 

 

 

 

(中略)競争している人には前しか見えません。

 

少しでも優秀になることしかありません。

 

競争する心がなくなったら、プロセスのすべてを楽しむことができます。

 

360度視界が開け、リアルな世界が見えてきます。

 

何らかの価値観をもっていたら、その観点でしかものを見ることが出来ません。

 

 

 

 

引用ここまで。

 

 

 

 

寅子さんの本はずっと読んでると目覚めてしまいそうです(笑)

 

 

 

 

春はリセットの季節、私たちのこだわり、ずっと持っていたいもの、死を通じてそれらとワークし、自分を見つめ直してみませんか? ↓

 

 

 

 

 

2018年3月4日(日)は『死ぬということは、生きるということ』グリーフケアのワークショップのイベントを行います♪是非お越しください!

 

 

 

 

 

豊かな変容をサポートします使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

« 女性個人として取り組むと良いことー詩織さん、#metoo問題 | トップページ | 物わかりの良い親の下に生まれないこと・・・「霊性向上のためのガイドブック」より2 »

おすすめメッセージ記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 女性個人として取り組むと良いことー詩織さん、#metoo問題 | トップページ | 物わかりの良い親の下に生まれないこと・・・「霊性向上のためのガイドブック」より2 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ