心と身体への癒し

2017年5月 6日 (土)

優先順位をつけるとワクワクからは遠ざかる

みなさん、こんにちは、心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

2012_08_19_0006

 

約10年ぶりに「ソース」という本を再読しました。あなたの人生の源はワクワクすることにある、自分がワクワクすることを追い求めて生きることをすすめる名著です。

何を隠そう、私はこの本のお陰で社交ダンスに3年間没頭し、やめてしまった趣味の洋裁を下手ながら続けることになりました。読みなおした今は、絵具を買ってちょこちょこと創作しています。出来上がりの達成感もありますが、実は創作のプロセスが一番楽しいです。

本を読み切る前は、「でも優先順位ありきだよな~」と思い込んでいましたが、

ソースの著者、マイク・マクマナスは

優先順位はつけてはいけない。

ワクワクすることは全て同時進行で取り掛かるもの。

そうすると生活の質や体力、気力も向上すると断言しています。

同時進行なんて無理、と思いますよね。

しかし、マイクさんは

すべてのものに、同じだけの情熱を傾けるというのは、それぞれのワクワクについて同じくらいの情熱と関心を持って向き合うということで、同じだけの時間やお金や体力を使うことではありません。

やりたいことに優先順位をつけると、最後までやれないことが残ってしまいます。いつもリストの最後にあって、実行できなくなります。あるいは実行しないための言い訳として優先順位があるのかもしれません。思い当たることはないですか?

と問いかけます。なるほど~、と思ったのは、同時進行でコーチングの本を読んでいたのですが、全く同じことが書かれていたところがあったのです。

①緊急性はないけど大事なもの、

というのは、
②緊急性があって大事なもの、や

③緊急性があっても大事でないもの、

ばかりが優先され、必ず後回しにされるので、この①をコーチしないと一人ではなかなか向き合わないと。

私自身にもすごく当てはまりました。「自分にとって大事なんだけど、緊急性はないので手つかず」になってるもの、結構あるんですね。

そんなものにしっかり取り組もうと思っています。全部私なりの形で大事にしようと改めて思いました。

みなさんも、ぜひ大きなワクワクから小さなワクワクまで、楽しい嬉しいを、探ってみてください。

ちなみに私のワクワクを少し紹介します。

〇私はカラフルな糸が並んでるのをみるだけでワクワクします。生地屋さんで生地をみるだけでテンションが上がります。そこで、下手だからとジャッジしないで作れる範囲の洋服や、コースター、ハンカチなど作っています。

〇私はチャレンジがすごく好きです。ダンスのクラスもレベルの高いところに入って、汗水たらして必死になって頑張るのが好きだったように、私にとってちょっと大変かも、というものに頑張って取り組むというのが好きです。

〇私は料理を作るときは中島みゆきの歌を熱唱するのが好きです。特に疲れてるときの効果ががものすごく、歌うだけで疲れを忘れて楽しく料理が作れます。

ワクワクを実践する大事なポイント

 
★ワクワクと依存症を見極めること

依存症はどこまでいっても満足しない特徴があります。そして依存症は健康や金銭や人間関係を阻害しますのでチェックしてください。

★まずは、小さな一歩を踏み出すこと(すごく大事です)&好きなものの周りをうろつくこと

★ワクワクを実行しているのに、「なんのためにやってるの?」とか「ヘタなんだからみっともない」「お金にならないじゃないか」などの内なる批判者(周囲にいる場合もあります)がいる場合は対峙する必要があります。

批判者に負けてしまう場合は、カウンセリングを活用してください。

★ワクワクを実践するには、それらの本質をとらえること

本質を捉えることってすごく大事ですね。プロセスワークのワークにも同じ要素があります。自分が好きなもの、あこがれるもの、嫌いなもの、の本質を絞ることや見つけていくことで広がる世界がありますよ。

 
 
 
ほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

2016年5月10日 (火)

知ってると知ってないではえらい違い、スピ的エネルギーサポート

みなさん、こんにちは。
日本では、フラワーエッセンスとホメオパシーの地位がえらい低いな、と改めてつぶやいてみます。

イギリスでは普通の薬局でフラワーエッセンス(お花のエネルギーを転写した液体、感情や心の状態に応じて飲むと良いと言われています)を買うことができます。それもコンビネーションボトルは日本の三分の一くらいの千円ちょっとくらいで(安い!)

ホメオパシーは同種療法とも言われ、こまかい身体症状に応じて100~3000種ほどレメディがあるため、ホメオパスになるのは結構大変というイメージがあります。
私はエインズワース社のホメオパシーホームキットを持っています。レメディは42種類で、素人が使えるように効能は低め。せき、喉の痛み、鼻水などの風邪症状、頭痛、傷、アレルギーなどに対応しています。(が、ヒットさせるのはちょっと難しい)

感情や繰り返すパターン、トラウマに関してはフラワーエッセンス
身体症状にはホメオパシー
という使い方をしています。

フラワーエッセンスは穏やかに作用するものなのですが、突発的な感情が出た時に飲むと本当に花の力ってすごいなーと思うほど楽になります。

今家には
バッチのフラワーエッセンスのボックスセット39種類、
ブッシュのフラワーエッセンス入りのアロマスプレー、
フィンドホーンのフラワーエッセンス、

ホメオパシーのキット、
ホメオパシーのサプリ的レメディ、ティッシュソルト
放射能排出レメディ

リトルトリーのキネシアロマ(医療用、その他もろもろへの香りの癒し)、

大きく分けて3種類のものがあり、それぞれ一緒には置かない方が良いらしいので、部屋の置き場に困っていました。
模様替え後、やっとそれぞれの定位置が決まりました。

セッション後など継続的な日常サポートとしてはフラワーエッセンスがおすすめですよ
心の状態に合わせてオリジナルのミックスボトルをお作りしています。
薬と違って副作用がありませんし、安全です。
(セッションではたまにキネシアロマも使います)

身体症状で病院に行けばすぐに薬が処方されますが、西洋医学は基本的に身体の症状を抑えるという薬を出します。そして薬には必ず副作用があります。製薬会社が儲かるための投薬に流されない、賢い選択をしたいですね。私は基本的に薬は飲みませんが、どうしても耐えられない痛みがあるときだけ、頭痛薬を飲んだりすることはあります。

日本で身体に無害なものが広く認められてしまうと、製薬会社がかなり困る状況になりますね。そんなことから日本で代替療法が認められにくい、効能を語ってはいけない、上記のレメディの輸入税が高い、など、ハードルは高いですが、良いものは良い、です。

食事、身に付けるもの、洗剤やせっけん、生活用品、などなど、身体と地球に良いものを選びましょう。

このあたりのことは、又改めてどこかでお話したいですね。

ほっとひと息お悩み相談 → 心理カウンセリングでメンタルヘルスをサポート  (電話・スカイプセッションも行っています)

2015年10月26日 (月)

子どものグリーフとトラウマに寄りそう

先週日曜にグリーフサポートせたがや主催の「子どものグリーフとトラウマに寄りそう ハワイの経験に学ぶ」という講演会に行ってまいりました。

講師は伊藤ヒロさん。ハワイでKids Hurt Too Hawaiiを設立してグリーフを体験した子供たちや、離婚や虐待などの理由で親と暮らせなくなっている子供たちへのサポートプログラムを提供しています。

伊藤さん自身が幼少期に母親を亡くし、事情により父親と住むこともできなかったため、養護施設で育ちながらいじめを体験し、又いじめっこにもなり、荒れた生活も送りながら色んな人と出会って助けられたり癒されたりという生い立ちをくわしく話してくださいました。

いじめられることでどんどん自己価値も落ちていくからだと思いますが、いじめられてからは毎月訪ねてきてくれる父親が来なくなったらどうしよう、という不安が生まれたそうです。

又、いじめられたり、周りの大人たちから冷たくされたりした時に、”なんでみんな優しくしてくれないんだろう”と子供心に思った、と聞いて本当にせつなくなりました。

伊藤さんが語る言葉で印象的だったのは(大人になった後でも、)

「助けを求めることが出来なかった」

「助けを求めることを知らなかった」

でした。

以前もお話したかと思いますが、ずっと助けてもらえない状況にいる人間は実は静かに絶望してあきらめています。選択肢に助けを求めるというものがないんですね。

かくいう私も助けを求めるのがすごく苦手でした。

カウンセリングの場面では、徐々に癒されていくことで、少しずつご本人が自分を守る手段を思いつくこともありますが、カウンセラーが人にとってはとるであろう色んな行動パターンを話してみたり、助けを求めることの周囲にとってのメリットをお伝えしたりします。基本的に、ご本人が行ってきていない行動パターンをやってみるということはご本人にとっては想像すらつきにくいものであることが多いです。

ロールプレイングを実際行うこともありますが、そこで起きてくる感覚(潜在意識の抵抗)もしっかりケアしますのでご本人の良い行動化を助けることになる良いワークになることがしばしばです!

是非カウンセリングを有効活用してくださいね~。

この講演会に関しては又シェアしたいと思います。。。

11月の大阪出張&アートセラピーとエネルギーセラピー(EFT)を融合した修得セミナー行います → 11月29日イメージタッピングセラピー(ITT)と大阪セッション

12月は東京開催の心理学講座です♪ ↓

→ インテグレイテッド心理学基礎講座&プロセスワークセミナー詳細

2013年7月 6日 (土)

清潔すぎるからこそのアレルギー

コピススサロン3周年記念キャンペーン中です 
期間中(7・8月)
・ボディバランスヒーリングセラピー(ボディケア&ヒーリング)

120分通常価格12,000円 → 10,000円
ソウルクリアリングセラピー(カウンセリング&ヒーリング skype可)
120分通常価格15,000円 → 
13,000円 
でご提供しています。

追加しました↓

初回の方の特典として、カフェキネシ15分をプレゼントいたします。

~カフェキネシ~簡単なチェックをしながら調合されたアロマを使い、身体の経絡に働きかけ、アクセサリー、時計などが(何らかのストレスのせいで)エネルギーとしてご自身に合ってない場合、調整いたします。小さなストレスでもOK。魔法のようなカフェキネシ、是非一度ご体験ください

みなさん、こんにちは

最近の除菌、消臭ブーム、大丈夫なのかと思います。

0-157が存在するのは先進国のキレイ社会だけなのですが、清潔すぎる社会ではアレルギー、ぜんそくなども増えるのです。

清潔にしすぎると人間にとって必要な細菌も減少してしまうので、気を付けてくださいね。

ウォシュレットの使い過ぎも必要な腸内細菌を減らしてしまうことになります。ビデも使いすぎると必要な細菌がなくなるため、膣炎にかかるリスクが高まります。早産や流産の原因の50~60%が膣炎であることも無視できませんね。

(参考文献 アレルギーの9割は腸で治る! 藤田紘一郎著)←面白すぎて一気に読みました。分かりやすいし、薬に頼らないことを目標にしているので良心的です。

何事も”やりすぎ”はよくないですね。。。

セラピーセッションとボディケアのコピススHPは→こちら

2013年5月 1日 (水)

トラウマにアプローチ

みなさん、こんにちは

先日東京で受けたEFTのワークショップの講師カール・ドーソンはマトリックス・リインプリンティングの創始者です。

マトリックスはトラウマ的な特定の記憶にアプローチするのにとても効果的なセラピーです。個人的には癒すというよりも失くす、ということにフォーカスしたアプローチは好きではないのですが、もうこれはマトリックスしかないな、というくらいマトリックスがぴったりくるカウンセリングのケースも多々経験していますのでやはり良いセラピーであることは違いがありません。 (参考記事: このセラピーさえすれば変わるだろうという思い

カールのデモセッションでは、心理的逆行(感情を解放することに対する抵抗)を防ぐリフレーミング(NLP)がかなり使われていて、とても勉強になりました。

先日の自己ワークでも、その心理的逆行が起こりました。潜在意識の思いは理論の通じない思い込みが多いので、ここをセッションでもケアすることは、とても大事だと改めて感じました。

又、災害や、死別、虐待などと異なって、はたから見てひどいと判断出来ないものでも、トラウマはある特定の条件の基で作られます。

メタメディスンの知識を引用すると、①予期せず②ドラマチックで③一人で対処しなければいけなかった④その瞬間にどう対処していいか分からなかった、という四つの条件があれば強い精神的なショック/トラウマになります。

幼少期の思い出に対して、大人の私は大したことないと思っていても、当時の子供の私にはトラウマとして残っていることがあります。たまに思い出す記憶をあなどらないことです。辛い経験は特に、自己ワークせず、プロの手を借りてください。

↓カールよりマトリックス・リインプリンティングについてのお話・インタビュアー溝口あゆかさんです。

イベント案内です

→ 5月のお茶会・瞑想のワークショップイベント  

セラピーセッションとボディケアのコピススHPは→こちら

2013年4月14日 (日)

浄化のサイン

みなさん、こんにちは

涙、鼻水、げっぷ、咳、あくび、は浄化のサインです。

カウンセリングセラピー中に、涙はなおの事、急に大きなげっぷが出たり、咳が出たりします。

自己ワーク中も、そういった状態になったら、無理に止めないで、出してあげてください。

そういったサインが出ると、身体ってやはり色々持っているんだなぁ、セラピーってすごいなぁ、と実感します。

私自身、咳が一か月止まらないことがありました。仕事もまともにできませんでした。

身体の反応もすごいですね。

本日はインテグレイテッド心理学基礎講座の二日目でした。みなさんありがとうございました&お疲れ様でした~。何だか不思議なご縁を感じましたね。

今月のイベント”お金との関係性”がテーマのワークショップは27日(土)です(お席あとわずか)→ 4月のお金のエネルギーとつながるワークショップ

ほっとひと息お悩み相談 → 心理カウンセリングとエネルギーセラピー

2013年2月 7日 (木)

このセラピーさえすれば、変わるだろうという思い

みなさん、こんにちは

近年イギリスで生まれたマトリックス・リインプリンティングというセラピーテクニックがあります。過去の嫌な場面を思い浮かべてEFTを使いながら感情解放し、さらにポジティブなイメージを入れてしまう、という何ともマトリックスなセラピーです。

この嫌な思い出を消してしまおう、というアイデアに抵抗する最近の私。

でもセラピスト冥利につきる感動的な癒しがマトリックスで起こることも確かだなぁ、とふと思いました。全ての癒しは向き合おう、取り組もうとしたクライアントさんから。そこにガイドしたり閃いた提案をしながらセラピストもサポートします。

無かったことに、チャラに、塗り替えを~!!という結果だけにフォーカスした思いの設定と

その時の自分に会いに行く、何が起こってたか見に行く、癒そう!という設定はやはりずいぶん違います。

ある意味こんなテクニック、あんなテクニックあります、という宣伝や紹介をセラピストはしますが、セッションでの大きなベースはクライアントさんがいて、セラピストがいるという関係があるわけです。他人に話したことのないことを初めて話したり、大事にケアしたいことが出てくる特別な場というのがそこにはあります。スーパーのように周りにも人がいて、レジでテクニックAをピッとしてもらってお店のビニール袋をもらうわけではないですよね。

そんなこんなで、より信頼されるセラピストになりたいなあ、と改めて思います。

私自身、あることに関して、マトリックスで扱えるような場面どうこうではなかったのですが、あまりの辛さに、前世で何かあると思うんですけど、シータで引き抜きできないですか?と言ったり、サイキックを使ってなにかしてもらえないか?としつこくカウンセラーに聞いたことがあります。

でも後々その”どうにもできないつらいものがある”と認識しながら日々を過ごすことが貴重で必要だった経験となりました。そんな場合もあります

2月のイベントはEFTワークショップとスピ心理です!お申込みお待ちしています。
ワークショップ9日&スピリチュアル心理学基礎23日・24日

セラピーセッションとボディケアのコピススHPは→こちら

2013年1月31日 (木)

東京あれやこれやとロルフィング

みなさん、こんにちは

今回の東京はわくわくの多い日々でした。

あゆかさんのセミナー最終日はロンドンコース生とあゆかさんとで食事をしましたが、結構質問したりして色々と聞かせてもらい、楽しかったです。癒しや潜在意識や真我も面白いっと改めて思いました!

その後同期生とお茶をして帰りましたが、仲間感が強まってる感じがして心地よいひと時でした。東京滞在中、何度か同期に集まってもらい、ご飯を食べたのですが楽しかったですありがとう~

今回、身体の筋肉組織にアプローチして体を整えるというロルフィングの施術を受けました。厳密にいうとロルフィングの技術を使って身体をリラックスさせるような”スキルフルタッチ”というものだったのですが、すごく面白かったです。私は仙骨を整えてもらったので、ふわふわゆるゆる状態になりました。

首や腰など、じんわり触られ、指が身体の中にぐ~っと入っていく感覚があったのですが、ロルファーの長沼美代子さん曰く、「こちらは待ってるだけで、身体があるべき位置に戻っていくのでそこに指を添わせるだけ」なんだとか。そして、私は結構反応が良いタイプらしく、右の腰に手を当てた後に左の腰を触ると、もう左側が”あ、そういう風に動かせばいいのね”みたいな感じで右側よりも早く動いたのだとか。面白~い。ある意味結構スピですよね。

ロルファーさんはたくさんいるようなので、大阪でも施術受けようかしら、と思案中です。でも10回受ける必要があるんですよね。。。

サロンで行っているストレッチケア(ボディバランスヒーリングセラピー)も実は別名マッスルケアで筋肉に働きかけているものなのですが、ロミロミといい、ロルフィングといい、効果的に身体にアプローチするという点でベースの理論もとても良いなと思います。

ボディの強い指圧の弊害は実は結構大きなものなので、体を痛めないところで更に何か探究できたらなと思っています

セラピーセッションとボディケアのコピススHPは→こちら

2012年1月17日 (火)

ヴィパッサナ瞑想をすると。。。

去年参加したヴィパッサナ瞑想合宿所では、参加者同士は一切話をしてはいけないという聖なる沈黙ルール(目くばせ、ボディランゲージも不可)というものがあったのですが、しばらくすると全く平気になりました。

周りの人の気配を感じて椅子を引いたり、譲り合ったり、自然にできるようになっていきます。朝の洗面所は込み合います。みんなで上手に使いますが、全く周りを気にせず一人で洗面所を占領する人もいました(目立ってましたよ。笑)

休み時間も限られてるため、シャワーを使いたかったり、洗濯をしたかったりする参加者はあっという間にご飯を食べて食堂を出て行きます。

私もはじめはそんなこんなのために早くご飯を食べたりしてたのですが、ヴィパッサナ瞑想の醍醐味というか要は「今」を感じることです。

ということである時からは時間を気にせずご飯に集中してゆっくり味わうことにしました。又、滞在中、食べたい果物が変わっていったりもしました。そして身体の声が敏感に感じ取れるようになっていきました。

実は数名の人から、瞑想合宿帰りの私の顔が

輝いていた。少し痩せてたけどすごく綺麗になっていた。顔つきが変わった。

と言われました^^謝謝~

本日久しぶりにヴィパッサナ瞑想を小一時間行いました。

瞑想中はものすごい頭痛が襲ってきましたがその後、改めて、身体が軽くなる、実は心も、という感覚を体験しました。

上手に瞑想出来ると、思考が減るので単純に楽になるんですね。あゆかさんの新刊のプチ悟り体験の章でも書かれていたように思考はエネルギーとしてとても重いですから。又、人間は気を付けないと基本的にいつでもどこでも無意識でず~~~っと思考しています。そして、他人のこともですが、意外と自分のことをかなり批判しています。

簡単に思考(無駄な頭の中のおしゃべり)を減らす方法は自分の呼吸に意識を置くこと(今に集中する)です。

どんな呼吸か?浅い?早い?テンポは?

鼻の穴を通る空気はどんな感じ?冷たい?温かい?

それが出来ると、頭のてっぺんから足先まで足先から頭のてっぺんまで、ゆっくり観察します。痛みがあるのか、違和感があるのか、緊張しているか。痛みがあればただそれを見つめる。

そうしてしっかり身体に付き合うと、楽になるんですね。なので合宿帰りは輝いて見えたのかしら、と思います。

そういえば、合宿所で、はぁ~、とかふう~~~とか大きなため息をつくおじさんが一人いました。あまりに声が大きいので目を開けてその人を見ると、なんと椅子に座ってるのです。ええ~、めっちゃ楽やん!と思ったのですが、むぅ~~~とかあ~~~あ、とか声が大きくなると、(沈黙がどうもかなりつらそう)指導者に部屋に行くように命じられて出ていくことが何度もありました。

おじさんが出て行かされる時はいつも、あ~あ、つまんない、と残念に思ったものでした。

瞑想中は退屈なので、興味深い音はエゴの大好物になっていたのですよね。

又ヴィパッサナ瞑想を日課にしようと思います

セラピーセッションとボディケアのコピススHPは→こちら 

トータルセラピーメニューでは男女関係、母との関係で悩んでいる、女性性の悩み、創造のエネルギーを育てたい、身体の不調を感じる方へ満月のヒーリングおこないます

 スカイプセッションもしています

2011年12月30日 (金)

注目と愛されることと死

~新春は1月6日(金)よりサロン営業いたします

みなさんこんにちは。
年の瀬のおそうじ、いかがですか?私は重曹でカップの茶渋をとって、シルバーアクセもピカピカにしました。磨けば光るもの、好きです

心を紐解いてゆくこと、潜在意識を見る旅、は本当に楽しいなぁと思っています。一時的な心の痛みなどはもちろんありますが、新発見がたくさんあります。

私個人で言うと、

人から愛されないこと、をまあまあ選んで生きてきたなぁ~~~、と思います。
(そういえば中3の時、友人たちにわざわざ遠回りをしてもらって家まで送ってもらった時、申し訳ない、という思いと嬉しさで泣いてましたから。。。あぶない子ですね

結構前のセッションで、注目を集める=危険=死 という思考を前世体験を通じて私が持っていたことが分かりました。

「注目を集めること」は実は「愛されること」でもあるのですね。

なので表層意識では「愛されたいよぅ」と思っていても、愛される、ってことは注目を浴びる、ということで、そうするととっても身の危険を感じるので潜在意識は愛されることから遠ざかろうとしてしまうんですね。

多くのワークを重ねて、徐々に目立てるようになってきています

皮肉にも私は長身です。成長期に20センチ身長が伸びたので目立たない存在、から嫌でも目立つ存在に身体的になってしまっています。

スピリチュアル心理学からの視点でいうと、人生に「べき」はないです。しかし、もし取り組む「べき」ことが私にあるとしたら、「目立ちましょうよ」ということかもしれません。

愛されましょうよ、ということですね。

素敵ですね。。。

自分の変化にゆっくり付き合ってあげるのも大きな自己愛(セルフラブ)ですね。

あせらず、ゆっくり、

あんな こんなも 楽しみながら。。。(あいだみつお的に終わり

みなさん、よいお年を!

much love & peace  愛してます。。。

ウキウキを育てるうにうにセラピー、モニター募集中です!↓

http://sweetsoul2.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f823.html

新春は1月6日(金)よりサロン営業いたします
セラピーセッションとボディケアのコピススHPは→
こちら 

男女関係で悩んでいる、女性性の悩み、創造のエネルギーを育てたい、身体の不調を感じる方へ満月のヒーリングおこないます

 スカイプセッションもしています

より以前の記事一覧

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ