おすすめメッセージ記事

2018年2月23日 (金)

物わかりの良い親の下に生まれないこと・・・「霊性向上のためのガイドブック」より2

(5月に変性意識状態と依存症のセミナー『あなたの知らない依存症のヒミツ』を予定しています。やめられない食べ物がある、スイーツ、買い物、ついついアルコールを飲みすぎてしまう方々へ、おススメです。詳細が決まり次第、お知らせ致します)

みなさん、こんにちは。森本道子です。

世の中には、「助け合う家族」、「CMで流れる理想的な家族像」、「親から無条件に愛される子供」という存在やイメージがたくさんありますが、実は条件付きでしか子供を愛さない親は多く存在しますし、アルコールやギャンブル、DVの親の下で育った子供も多く存在し、殺伐とした家族関係や、そりの合わない兄弟や憎み合う兄弟もしっかり存在しています。

そして、そんな家族の下に生まれた人は、ひそかに理想の親像や家族像を持ち、大人になってもこうしてくれたら良いのに、などと夢想したり、悲しんだり、人によっては相手に要求したりするものです。要求する相手がパートナーであったり、恋人であることも大いにあるわけです。(要求を持ちながら相手に伝えることが出来ない人も多くいます)
ーそういったことが良い悪いではなくです。

以下、「荘子・内篇ー霊性向上のためのガイドブック」由井寅子著 より再び引用のご紹介です。

(中略)この、すべてを受け入れる受容性の中に、本当の愛があるのです。

そういう受容性に富む親の下に生まれた子供は幸せです。

つまらない価値観を押し付けられることがないからです。

優秀でなければならない、人に迷惑をかけてはいけないなどといった偏った価値観を植え付けられることがないために、

自己否定することもなく、自己否定することがないために、自己の存在価値を証明しようとすることも、愛を求めることもなく、

インナーチャイルドも形成されず、真我のままに生き、何物も否定せず何物も受け入れ、他人も自分も傷つけることなく、自然でいられることが出来るからです。

しかし別の見方をすれば、それはつまらない人生とも言えます。

つまらない価値観を埋め込まれ、自己否定してどんどん迷路に入っていく、その迷路を脱出し、ゴールに到達しようと努力することで、ますます深く迷路に入っていくが、

ある時、迷路そのものが自分自身の反映であることに気づき、迷路を脱すべく自我を、すなわちそれを内側から支えている自己否定を一つ一つクリアしていく、

つまり頑張らなくなることを通して迷路を脱しゴールに到達する、というとても楽しい人生ゲームを楽しむことができないという見方をすれば、

そのような、ものわかりのよい親の下に生まれるのも、必ずしもよいことばかりではないわけです。

(引用ここまで)

理想的な親の下で生まれた人もいると思います。しかしそれはそれで、良いか悪いかよく分からないと思うのです。

自分の人生が生き辛いと感じたり、大小それぞれの難問を抱えている人はたくさんいると思いますが、(親問題しかり、トラウマ、人間関係、繰り返すパターン、災難などなど)それぞれが克服するテーマがあると思うのです。

そんなテーマは何かしらと思って人生を見るのも大事だと思う、今日この頃です。

わたし、あなた、それぞれの人生を楽しみましょう♪

春はリセットの季節、私たちのこだわり、ずっと持っていたいもの、死を通じてそれらとワークし、自分を見つめ直してみませんか? ↓

2018年3月4日(日)は『死ぬということは、生きるということ』グリーフケアのワークショップのイベントを行います♪是非お越しください!

豊かな変容をサポートします使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

2018年2月10日 (土)

こだわりから解放されると・・・「霊性向上のためのガイドブック」より

みなさん、こんにちは。森本道子です。春はもうすぐそこ、ですね。

 

 

 

 

最近感じるのは、「こだわりがあればあるほど、状況がそぐわないと不自由になり、しんどいんだな~」ということです。要するに、こだわりは価値観だからです。

 

 

 

 

更に、あの人はこうすべきという対人関係だけでなく、絶対こうしたい、こうあるべき、ということがあれば又状況によって苦しみますね。

 

 

 

 

最近はまっている由井寅子さんの本からの一節をご紹介いたします。

 

『荘子・内篇ー霊性向上のためのガイドブック』、

 

 

 

 

前書きより

 

 

 

(中略)何のために生まれてきたのですか? 

 

旅するためじゃないですか? 

 

ならば世界をゆっくり眺めたらいいじゃないですか? 

 

急いでいったら何も見られないじゃないですか。

 

 

 

 

霊的進化もそうです。慌てて進化して絶対と一体になってもしかたないでしょう。

 

いろいろ見て眺めてのんびり行けばよいではないですか。

 

旅を始めたのはゴールに到着するためではないはずです。

 

出発点にいち早く戻るために旅に出る人はいません。

 

 

 

 

確かに旅には目的がありますが、しかし旅をすること自体が目的だったりするのです。

 

であるなら、何も慌てる必要はありません。

 

生きていることそれ自体が人生の目的でもあるのです。

 

日々悔いのないよう精一杯生きることが全てです。

 

 

 

 

だから、焦らず、ゆっくり生きればいいのです。

 

 

 

 

 

 

(中略)競争している人には前しか見えません。

 

少しでも優秀になることしかありません。

 

競争する心がなくなったら、プロセスのすべてを楽しむことができます。

 

360度視界が開け、リアルな世界が見えてきます。

 

何らかの価値観をもっていたら、その観点でしかものを見ることが出来ません。

 

 

 

 

引用ここまで。

 

 

 

 

寅子さんの本はずっと読んでると目覚めてしまいそうです(笑)

 

 

 

 

春はリセットの季節、私たちのこだわり、ずっと持っていたいもの、死を通じてそれらとワークし、自分を見つめ直してみませんか? ↓

 

 

 

 

 

2018年3月4日(日)は『死ぬということは、生きるということ』グリーフケアのワークショップのイベントを行います♪是非お越しください!

 

 

 

 

 

豊かな変容をサポートします使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

2017年3月 1日 (水)

反省させると犯罪者になります

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー&プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

★疲れやすい・生きづらさを感じるエンパスの方をサポートする記事を書いています。

★他者理解と自己理解、人間関係とセラピストのセッションに役立てるための病態水準(ベーシック)のセミナーは東京3月18・19日です。

最近あまりの体力低下を感じたので、加圧トレーニングを始めました。
始めてみると、元体育会系の血が騒ぎ、楽しいです。
久しぶりにトレーニングをすると、血流が良くなるせいか、気分が少し高揚するのも感じます。
短時間で、又小さな負荷でも筋肉に刺激が行くため、リハビリや寝たきりの方のトレーニングとしてもすごく良いそうですよ♪
 
さて、みなさんは殺傷事件のニュースを見たとき、逮捕された容疑者が反省しているか気になりませんか?

私はそうでした。以前は反省の言葉があるかどうか、すごく気になってました。反省の言葉もなく、という報道に、「けしからん~。ひどすぎる~。」と憤っていました。
しかし、反省をすぐに求めて、本人が反省してもいないのに、「悪いことをしたら、反省するべき」という常識を元に無理やり反省を強要するとろくなことにならないようです。
最近読んだリアル現場の声がたくさん聞ける良書をご紹介します。↓

 
「反省させると犯罪者になります」 岡本茂樹著ー著者は刑務所での累計受刑者の更生支援をされている臨床教育学博士で、刑務所の規則と苦闘しながら受刑者の再犯防止と、人生の再出発の援助に尽力しておられます。

心理になぞらえるとそれはそうだな、と納得なのですが、とても良い本でした。。

 
万引き、未成年の喫煙、いじめ、などなど、悪いことをしたら、反省文を書かせて反省度合いを測って処分を決めるという学校は多いようです。そして被害者の気持ちを理解させようとするプログラムを実施しているところもあるようです。

又同じように、多くの刑務所でもどれだけ反省しているかを測るべく、受刑者に反省文を書かせるようです。そして被害者家族の手記や被害者側の悲しみを語ったビデオ教材を視聴させたりするそうですが、あまり効果がでないのです。

「あいつのせいで自分が刑務所に入ることになった」と、殺した被害者のことを逆恨みしている受刑者や反省していない受刑者はとても多いそうです。本人に賢さがあれば、その気持ちを隠して、上っ面だけの反省文を書くことは可能ですよね。

以前、ストーカー被害にあったウーマンラッシュアワーの村本さんが、刑務所に行って反省文書かせて作業させるだけじゃなくて、ちゃんと受刑者の心のケアをしてほしいとテレビで語っていましたが、本当にそうだなと思います。



本当に大事なのは心からの反省です。

そのためには、問題を起こしてすぐに反省を強要することは無意味です。

よくよく考えれば、相手を思いやる心があれば殺人もいじめもしないのです。


人の命や心や身体を粗末に扱えるほど、その人は自分の命や心や身体を粗末に扱っているということです。


それらの多くは親や兄弟、又は周囲の人々から傷つけられた体験をしていて、その心の傷を見ないようにしているのです。又はそのストレスを外に発散していたりするのです。ストレス発散は大体弱い方へ向かいますね。

いじめのテーマでは、ついいじめられた側の子が注目されがちですが、注目すべきは加害者側の子供だと思います。

子供の問題行動はチャンスとみて、反省させる前に、何か我慢してしんどいことはないか、嫌なことがあるかどうか、大人や親、援助職の立場にある方は気にかけて話を聞いてあげることが大事です。


どうも原因がよく分からない時、親の夫婦関係がうまくいってるか、家族の中に緊張がないか、大きなストレスがないか、気にかけてみてください。家族に何かあるとき、一番サバイブする力が弱い子供に問題行動がでることが多いです。

その本の中では、(もちろん全員ではありませんが)受刑者が岡本さんのような援助者に見守られながら、彼らの過去にまつわる心の膿を出し切った時に初めて被害者への傷の痛みに気持ちが向き、真の反省へと向かい涙することが出来るようです。氷が解けるように。

孤立しないように、他者を信頼して、頼れたりする心作り、間違ってもやり直せる場所、受け皿のある安心できる社会を作っていきたいですね。


最近、アイドル女性を刃物で暴行したストーカー犯罪の裁判で検察より17年の求刑がされているニュースを目にしたこともあり、社会の課題を感じました。私にできることをしていきたいです。

A Path in the Woods(ア・パスインザウッズ)内なる声を聴くお手伝いをしています →
(電話・スカイプセッションも行っています)

2016年3月19日 (土)

モラルハラスメントに耐える、それダメです。

20代の頃、強烈なモラハラとパワハラに苦しんでいた時期がありました。

あまりのひどさに具体的なことを友人に言ったりすることはしていませんでしたが、会社の出来事を母に話していたら、すぐに限界にきた母は、

「もうそんな話、聞かさんといて!」

と一言。

職場で苦しんでいた分、給料がそこそこ良くて、その恩恵を受けていた母は

「そんな会社やめ!」

とは絶対に言いませんでした。

そんなことを言ったら私はすぐ会社を辞めると分かっていたので、子供の苦労は見て見ぬふり、敵(母ですが)ながらあっぱれでした。

(母も仕事でそれなりに稼いでいた人だったのですが、私がお金をあげると本当に嬉しそうにしていました。お年玉をもらう子供のように目をキラキラさせてました。その後さっと天国に行ってしまいましたが。)

モラハラやパワハラは心を病んでいきますから、本当に早めに対処した方が良いです。

当時の私は、ザ悪人みたいな人が存在するのがどうしても信じられず、結構頑張ってしまいました。そして自分のタイミングで辞めましたが、受けた心の打撃を思うともっと早めに辞めた方が良かったかもと思います。

モラハラは学校のいじめと同じです。簡単に自殺にまで追い込まれるんです。

自殺しなくても精神的に病みます。

空気読むその他の日本人は確実にザ悪人の側につきます。パワー握っちゃってる方の顔色を見ますからね。(それぞれの心の中はどうであったとしても)

モラハラする側の”人をコントロールする力”もハンパないですから、悪人であると周囲にバレてない人も多いです。

家庭内の無視、会社内の無視、これも立派なモラハラです。あんまり我慢すると頭おかしくなりますよ。

会社で自分の性格についてくどくどと難癖つけられる、これも立派なモラハラですから、自分を責めないでください。

相手の気持ちなんかどうでもいい、という人は結構いますので、気を付けましょう。

心の痛みを理解してくれない親にも気を付けましょう。

親だけど、心は子供なんです。(本当に残念だけど)

心が病む前に、ご相談ください。

ほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods 心理カウンセリングでメンタルヘルスをサポート  (電話・スカイプセッションも行っています)

2016年2月 4日 (木)

なんでもセラピーするんじゃねえよという素晴らしい声

先日、プロセスワークを学ぶ学生のグループワークの練習会に参加してきました。

その数日前に体験したどうも腑に落ちない出来事を私はずっと抱えてたので、午前中はそのことに関してグループワークしてもらいました。

私がその数日前に、「言えなかったこと」を、私の役(ロール)になって言ってくれる人がいたり、

私が数日前に葛藤を抱えた相手のロールになって、話してみたり、

○○のロールを取ってる人から、「~~な気持ちになってきたよ」というフィードバックをもらったり、

新たに私のために、ある人につっこみを入れてくれるプロテクターが現れて、自分の気持ちをはっきり伝えるということもできたりと、様々なことが行われ、

又私が葛藤を抱えた人の深い部分に少し触れると私の心の中にもエルダーが現れて、

相当すっきりしました。そして癒されました。

ありがとうございました♡

PWではすべての声を大切にするという考え方があります。

グループワークでリアルに体験すると、心が整理されていきます。恐らく色んな声を聴いていくうちに視野が嫌でも広がるからかな、と思います。全体を見ていくと、どうしても上から全体を見ることになるんです

カウンセリングの場も上から見ることが凄く大事です。(あ、カウンセラー側がですけれども)

そしてクライアントさんが色んな見方が出来ることを カウンセラーはサポートします。セラピーなどの癒しはその過程でもあります。

癒しが起こると、

認知のシフト(母は私が嫌いなんだ→母はしょうがない人だなぁ~、など、*荒っぽい説明ですが)

も起こりますね。家族関係などの場合はそれなりに癒しにも時間もかかりますが。

ネガティブな思いや感情が強すぎると認知のシフトを起こすのはとても困難ですが、悩みによっては、トークセッションだけで気づきや認知のシフトを起こすことは十分可能です。

セラピーがうまくできない、という方もセラピーにこだわらないでも大丈夫。セラピーしない方が良いという場合も多分にありますからね。(このあたりは又書きます)

そして、「なんでもかんでもセラピーに持ってくんじゃねぇ~!」という力強いインナーチャイルドがいらっしゃる方はたくさんいるはずですので

そんな素晴らしい資質も応援しています。ふふふ。

2月27日以降の大阪出張セッション、まだ空きがございます。

2月28日(日)18:00~も受け付けています!→ 2月大阪出張スケジュール

ほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods 心理カウンセリングでメンタルヘルスをサポート  (電話・スカイプセッションも行っています)

2014年12月10日 (水)

トラウマとキング牧師の言葉

『実は、すべての命は互いに関係している。すべての人間は逃れることのできない相互関係のネットワークの中にあるのだ。ある人に直接的な影響を与えるものは、すべての人に間接的な影響を与える。あなたがあなたらしく存在しなければ、私は決して私らしく存在できないし、私が私らしく存在できなければ、あなたは決してあなたらしく存在できない。これが現実の相関構造なのだ。』

マーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師

ー「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」ピーター・リヴァイン著 の本の中で紹介されていた言葉です。

私たちは色々なトラウマを抱えながら生きています。

紛争や戦争は新たな紛争と戦争を呼びます。これらがすでにトラウマ的体験だからです。

又トラウマを”広くショックな出来事”として捉える時、世界の平和も人間関係の平和も心の平和も、個人のトラウマと関わりがないとは言えないでしょう。

トラウマを全くないことにしているとき、人生の中で大きな恐れが湧いたり、パワーレスに感じたり、理由のない怒りが湧いたりして自分の人生と人間関係を複雑にします。

セラピーは使いようによってはとても効果を発揮します。

私自身、EFTやマトリックス・リインプリンティングなどの(感情)解放系のセラピーをカウンセリングの中で必要に応じて使っています。しかし、トラウマを扱うのは時としてとても怖いものです。安全な状態で取り組むことや、取り組むことにNoとクライアントさんが意思表示することも、本人にとってはとても大事です。

方法は色々ですが、トラウマへの”ケア”は重要です。大小関わらず。

自分の人生や人間関係のためにカウンセリングを是非お使いください。私が私らしく、あなたがあなたらしくなるために。。。

2015年2月は大阪でインテグレイテッド心理学基礎講座開催します!

大阪の恋愛スペシャルWSと12月の大阪出張セッションスケジュールもご覧ください。

ほっとひと息お悩み相談 → カウンセリングセラピーとボディケアのコピススHP

2014年9月25日 (木)

愛と勇気だけが友達さ。~ワークのすすめ~

みなさま、ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます

さて、一つワークをしてみましょう。

ハートを感じてみましょう。

ハートをイメージでオープンにしてみましょう。

気になっている出来事をハートの中に入れてみましょう。

すごく悲しいことを感じるかもしれません。

ハートが痛くて壊れてしまうと思うかもしれません。

でも絶対に壊れませんから大丈夫です。

そこで自己憐憫や怒りや寂しさが湧き上がってきて恐ろしくなるかもしれません。

でもそれもハートの中に入れてしっかり抱きかかえてあげましょう。

涙がどんどんあふれてくるかもしれません。

その涙を怖がらずにちゃんと自分に泣きたいだけ泣かせてあげましょう。

自分のずるさが見えて怖くなるかもしれません。

自分が被害者だと思っていたけど加害者でもあったんだな、ということに気づくかもしれません。

気づいてもそれをただそのままにしてただ感じてみましょう。

大したことなかった自分を受け入れてみましょう。

良い人じゃなかった自分も受け入れてみましょう。

みっともない自分も受け入れてみましょう。

思ったほど完璧じゃなかった自分も受け入れてみましょう。

大丈夫です。人ってそんなものだから。

時によって”正しく”ない自分もいますから。

エゴにとって、そんなものたちを感じるのは怖くて怖くてたまらないものです。

でも大丈夫です。

そうやってハートを感じても私たちはなくなりません。

残るのは必ず 愛 です。

エゴが頭の中の大部分を占領してしまうと、ハートを感じるためには相当勇気が要ります。

一見とても痛いからです。

しかし、その先には

温かくて、涙がでて、震えるような喜びに満ちた愛が必ずそこにあります。

人生に”べき”はありません。

でもあるとしたら、

自分の心を見る勇気をもつべきです。

愛をこめて

10月24日(金)新月の瞑想会行います!

・呼吸の観察
・瞑想で身体のエネルギーを回すワーク
・宇宙と大地と繋がる
・新月の誓い
などを行います。瞑想をしてみたい方、考え事が多くて頭が疲れている方、集中力を高めて、何かをスタートするのにも絶好の新月に是非ご参加ください。
場所: サロンコピスス(小田急線・五月台駅)
時間:13:00~15:30 
料金:2,500円
定員:5名

ほっとひと息お悩み相談 → カウンセリングセラピーとボディケアのコピススHP

2014年8月12日 (火)

心と身体をつなぐトラウマ・セラピー 自分自身と向き合う

心と身体をつなぐトラウマ・セラピーという本に紹介されていた一節のご紹介です。

Elaine Pagels著 Gnostic Gospels グノーシスの福音より

もしあなたが、あなたの内にあるものを明かせば、

あなたの内にあるものは、

あなたの救いになるだろう。

もしあなたが、あなたの内にあるものを明かさなければ、

あなたの内にあるものは、

あなたを破壊することだろう。

良い人でなければいけない

受け入れられなければ価値がない

喜ばれなければ価値がない

有能でなければだめだ

などという思い込みと、エゴが死ぬことへの恐怖があまりに強いと、自分の内側を見ることや出す事も恐ろしくてできない場合があります。

自分の内側にあるものがとてつもなく醜くて受け入れられないものにも見えたりします。

そんな場合、内側を見ない代わりに自分の心が反応してしまう状況や人に投影します。

「自分がしんどいのは○○のせい」

そんな心のしくみを教えています。↓まだお席ございますので気になっている方は是非お申込みください。

・8月23日・24日の土日はインテグレイテッド心理学基礎講座(大阪開催)です。人間関係を紐解きたい、もっと楽に生きるためのヒント、心理構造を見たいという方は是非ご参加ください。 詳しくは → コチラ

ただ今お得なキャンペーン中です(・関西出張スケジュールも掲載)(8月まで)
ほっとひと息お悩み相談 → カウンセリングセラピーとボディケアのコピススHP

・8月17日(日)はクリエイティブワークショップです!(大阪開催)自由で楽しいそしてもう一人の自分と仲良くなるワークです! 詳しくは → コチラ 

・9月3日(水)7日(日)は「身体と対話・表現しよう」1dayワークショップを行います。(ヨガ瞑想とラテン・ボディワークエクササイズ) 詳しくは → コチラ

2014年8月 7日 (木)

ファザーファッカーと無力感

みなさま、ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます

ずいぶん前に「ファザーファッカー」内田春菊著 を読みました。著者の自伝的小説で、養父からの暴力と性的暴力に耐えながら、やっと最後の最後に家を出ていく主人公が描かれています。ある種の洗脳から抜け出し、やっと自分を信じ、自分を守る道を選ぶのです。読後の後味の悪さは格別でした。リアルだからです。時間がかかります。その分本人が傷つきます。協力者がいない中で自分を信じ、自分を守ることは本当に大変だと思い知らされます。

トラウマ的なショックな出来事に遭遇したとき、慢性的に遭遇し続ける時、強い無力感が襲います。そして時がたち、大人になったとしても、その無力感のお陰でちょっと昔の出来事と重なってしまうようなイヤな場面に遭遇した時に、無視してしまったり、しっかりNOが言えなかったり、我慢するのが当たり前と思ったり、大事(おおごと)にしたらだめだ、と隠すことに懸命になってしまったりします。自分にパワーがあると思えません。

カウンセリングの場で、”○○するのはなぜですか?”などと質問しますが、

そういう場合、クライアントさんはそれ以外の選択肢は基本的にはないと思っているので、

きょとんとされたり、
思考停止状態になったり、
当たり前じゃないですか、と言われたりします。
そういえばなんでだろう?とそこで初めて考え込む方もいらっしゃいます。(

その人がとる行動には必ずその人なりの考え方がベースにあります。

みんなそう思うはず、ではなく、

こんな人もいる、あんな人もいる、こんなパターンもある、そんなパターンもあった、という多様性を見つけるのも、とても大事です。

これもあり、あれもあり、って言われると心が安心しますよね

その時のトラウマ(無力感)に対処しましょうというのがいわゆるセラピーですが、トークセッションで最近の出来事の中でお話したり、思い込みを紐解いたり出来ることが意外とたくさんあります。トラウマに向き合うのも怖かったり、潜在意識に強い不安感や不信感がある場合、顕在意識の部分だけで話せる場はクライアントさんにとって、とても安全です。”安全”ということは実はものすごく重要です。

ただ今お得なキャンペーン中です(8月まで)
ほっとひと息お悩み相談 → カウンセリングセラピーとボディケアのコピススHP

・8月17日(日)はクリエイティブワークショップです!(大阪開催)自由で楽しいそしてもう一人の自分と仲良くなるワークです! 詳しくは → コチラ 

・8月23日・24日の土日はインテグレイテッド心理学基礎講座(大阪開催)です。人間関係を紐解きたい、もっと楽に生きるためのヒント、心理構造を見たいという方は是非ご参加ください。 詳しくは → コチラ

・9月3日(水)7日(日)は「身体と対話・表現しよう」1dayワークショップを行います。(ヨガ瞑想とラテン・ボディワークエクササイズ) 詳しくは → コチラ

2014年3月21日 (金)

fuckin' perfect

みなさん、ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます。

今回は、私のだ~いすきなPVをプレゼントします。

この世に生まれて、うまくいかないことばかりで、

怒られたり、比べられたり、その後は色眼鏡で見られたり、

どうせ私は。。。。

そんな言葉を繰り返して更に周囲から孤立したり、戦ってもむなしかったり、

追い込んで追い込んで生きる価値なしと自分でレッテルを貼ったり。。。

でも本当は全く違う。

私たちはパーフェクト。

歌詞
Made a wrong turn, once or twice
道を間違えてしまったこと 1度か2度あるわ

Dug my way out, blood and fire
私の道をやっと見つけたの 血を流して燃えながら

Bad decisions, that's alright
最悪な決断ばっかり けど、いいの

Welcome to my silly life
ようこそ これが私のバカみたいな人生よ

Mistreated, misplaced, misunderstood
虐待されたり のけ者にされたり

Miss 'No way, it's all good', it didn't slow me down
決してすべてが良かったわけじゃないけど

Mistaken, always second guessing, underestimated
誤解されて いつだって非難の対象になって 理解されない

Look, I'm still around
見てよ まだそんな感じなのよ


Pretty pretty please, don't you ever ever feel
どうかお願いよ、絶対にダメ

Like you're less than f*ckin' perfect
自分は全然完璧じゃないって思わないで

Pretty pretty please, if you ever ever feel like you're nothing
お願い もし自分が存在する意味なんてないって思ってても

You're f*ckin' perfect to me!
私からしたら あんたは最高に完璧な人間よ!


You're so mean, when you talk about yourself, you were wrong
本当にずるい 自分のことを話す時のあんた 何か間違ってる 

Change the voices in your head, make them like you instead
声色を変えて 頭の中で他の人と自分を置き換えてるんでしょ

So complicated, look happy, you'll make it!
それってとっても複雑 笑顔を作って、そんなことするんでしょ

Filled with so much hatred...such a tired game
憎しみでいっぱい・・ほんと疲れるゲームよね

It's enough! I've done all I can think of
もう十分よ! 考えつくことは全部やったわ

Chased down all my demons, I've seen you do the same
彼女はちやほやされるのが嫌い、見たわよ、あなたも同じようにしているのを


Pretty pretty please, don't you ever ever feel
どうかお願いよ、絶対にダメ


Like you're less than f*ckin' perfect
自分は全然完璧じゃないって思わないで

Pretty pretty please, if you ever ever feel like you're nothing
お願い もし自分が存在する意味なんてないって思ってても

You're f*ckin' perfect to me!
私からしたら あんたは最高に完璧な人間よ!


The whole world's scared so I swallow the fear
世界中が怯えてる、私はその恐怖を飲み干すの

The only thing I should be drinking is an ice cold beer
私が飲んでいいのはキンキンに冷えたビールなのに

So cool in line, and we try try try,
冷静になって挑戦もし続けてみるけれど

but we try too hard and it's a waste of my time
頑張りすぎは私にとって時間の無駄だから

Done looking for the critics, cause they're everywhere
評論家を色々チェックしてみるのはやめた、だってそんなの時間の無駄でしょ

They dont like my jeans, they don't get my hair
今着てるこのジーンズが気に入らないとか、髪形も理解できないとか

Exchange ourselves, and we do it all the time
みんなそうやって取引してるのよ、いつだって

Why do we do that? Why do I do that?
人はどうしてそうなの?何で私はそうしてるの?

Why do I do that..?
何でこんなことしてるんだろう?

Yeah, oh, oh baby, pretty baby..!

Pretty pretty please, don't you ever ever feel
どうかお願いよ、絶対にダメ

Like you're less than f*ckin' perfect
自分は全然完璧じゃないって思わないで

Pretty pretty please, if you ever ever feel like you're nothing
お願い もし自分が存在する意味なんてないって思ってても

You're f*ckin' perfect to me!
私からしたら あんたは最高に完璧な人間よ!


You're perfect, you're perfect!
あなたは最高なの、本当よ!

Pretty pretty please, if you ever ever feel like you're nothing
お願い もし自分が存在する意味なんてないって思ってても

You're f*ckin' perfect to me!
私からしたら あんたは最高に完璧な人間よ!

去年、カール・ドーソン氏のEFTプラクティショナーコースを受講した時に紹介された映像です。人はそれぞれの解釈で周りの世界を見ます。

この主人公の女の子は幼い頃にどんな信念をもってしまったのでしょう?

。。。

あなたの答えは出ましたか?

では、

あなたが感じた信念について、今度はあなたがワークする番です。

なぜそう思ったのでしょう?
あなたの潜在意識に何があるのでしょう?

あなたの人生を通じて取り組んでみてください。

私は何度もこのPVを見て、なんてこの世は素晴らしいエゴ社会なんだろう、と思います。(実は良い意味で言っています)エゴを持った私たちが日々一生懸命に生きてるってすごいと思いませんか?

愛をこめて

ほっとひと息お悩み相談 → カウンセリングセラピーとボディケアのコピススHP

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ