家族関係

2019年9月14日 (土)

『凪のお暇』頼むから、どっちか選んでくれ!凪!

先月ドラマ『凪のお暇』のこじらせ慎二について語りましたが、

ただのいちドラマファンとなってわーきゃー言いながら見ておりましたらば、とうとう次回の最終回を迎えることになってしまいました。

慎二はやはりリアルモラハラ男子ではなかったんですね~。(ご参考に二つ前の記事:『凪のお暇 慎二に見るモラハラ男子のウラオモテ病理のその先』)

 

まあ正直凪にはそこそこずっといらついてましたよ。

 

子供の時からずっと、親が発する空気を読み続けていたように、周囲の空気を読み続けて振舞うせいで周りからはテキトーにあしらわれる存在になり孤独感を募らせていた凪。又自分自身の本当の思いや希望が全く分からなくなってどん底にいたところで、変わってやるんだ~と意気込んだ女子が分かりやすくリセットする方法として環境を変えるということからスタートしたものの、

 

まずはメンヘラ製造機と呼ばれる誰にでも優しいけど自分のものにはなってくれないゴンくんにあっさり身も心も明け渡したために心も身体もすり減らしまくってボロボロになった所は、

環境を変えてグラウンディング全く出来てないところで自分に向き合うよりも楽そうな恋愛のフワフワエネルギーにやられちゃうっていう王道感、これにはなんか好感が持てる展開ではありましたね。

 

又さくっと明るくゴンくんをリセットしてイチからやり直すぞ~とスナックバブルのママに拾われ、ボーイとして働き出すも、

凪の本性を簡単に見破ったママから

「自分は聞き上手って勘違いしてない?」とか「人から話ふってもらうのいつも待ってるのは何様なの?」と言われたり、

慎二から

「オマエ、自分に興味持ってくれた人にしか興味ねーじゃん」

(「どうせ俺がお前を好きになって、それに応えただけじゃないのかよ」といういじけが見えるような・・・という慎二のいじらしポイントはちょっと置いといて)

と言われて自分がたいして他人に興味がなく、周りに気を使わせてためんどくさい女であったことにも少しずつ気づいていく。

 

「前に進むばっかりじゃなくて立ち止まって振り返るってことも大事」なんだと、

映画『ゴジラ』では主役級に超絶魅力的だった市川実日子さん演じる坂本さんという真の友、と呼べる彼女に語ったり、

周囲に超絶不器用で魅力的な慎二と凪に振られて簡単に恋に落ちてしまったゴンをはべらせながら、ちょっと余裕ぶっこいてたり、してましたね~凪。(何から目線だ私は)

 

そしてオーナーが引退してしまうというコインランドリーを買い取るという新しい夢の計画をして、坂本さんと胸躍らせるも!

 

なんとなんと!

訪れた実家の北海道、まんま『毒親』の超絶絶妙コントロールに『短時間で』あっさり負け、その夢の資金を実家のリフォーム代として母親へまる譲りしてしまう。

(そんな緊急に必要ちゃうけど、まあリフォームしといた方がええかなレベルのものって所がポイントでしたね!)

も~~~~、

ここはイラつきました~~~。

 

親の前には友人との夢計画も、書類上の手続きという名の大事な振込も、あっさりなかったことにできるほど、親の顔色を伺い、親にご奉仕する、他のオプションボタンはございません、というようなご奉仕モード自動運転・凪なのでありました。

 

まあ、親からの呪縛から逃れられない人が多いので心理セラピストが存在したりするのですがね。

 

もう、

「親の顔色を伺って本当のことが言えないなんて、いい大人がこんなことでいいんでしょうか?」

という後々出てくる超絶冷静な坂本さんの言葉は私を含めた多くの視聴者のツッコミをがっつり何度も言葉化してくれるのですが、

 

なんとなんと、凪からは「全てうまくこなす男」に見えていた元カレ慎二も、実は親の顔色を伺いながら必死で良い家族という『虚像づくり』に命をかけて疲弊している男性だったことに気づかされます。

 

そしてやっと凪は、母親に本心を伝えることが出来、

二人は似たもの同士だったことに、それぞれの親と対面したことでお互いが理解し、

『二人の心の距離は近づいたよね、明らかに、そして登場人物にゴンくんがいなかったら、最後は二人がくっつくよね』

というところで!!!

 

ゴンくんからの本気の告白がきちゃうんだよね~。

 

慎二の目前の告白、そして初恋ゆえに小学生のようなピュアなノリで、アムロレイかっ!!!と突っ込みたくなるようなクリアなボイスで

「凪ちゃんしかみない、凪ちゃんにだけ優しくする」

が来ちゃいました。

「凪ちゃんだけのちぎりパンになる!」

は、個人的には「イイっ!!!」と思いましたが、

 

うん、

ここじゃないよね~、今じゃない、これは慎二を焚きつけて凪ちゃんを困らせるだけっ。(急に母親目線)

 

 

最終回はどっちを選ぶの?という疑問が湧きますが、

なんとなく、

お母さんのコントロールから自立して、自分を大切に生きていく

という大きなテーマがそこに大きく転がってる以上、

どっちも選ばないような感じがしています。

 

しかし、私の希望的には折角の最終回なのですし、恋愛ドラマという側面も大いにあるのですから、ゴンも慎二も魅力全開でやり合いながら、とりあえずどちらかと、出来れば慎二を、選んでほしいんですけどね。視聴者の(私の)カタルシスも考えてほしいわ。

 

でも凪は慎二に全然ときめいてないのが全開で出てたので、もうちょっと揺れてほしかった。

ゴンの魅力ももうちょっと見せてほしいかな、もう最後だし。鼻と口元の絆創膏もすごく良かったけどね、似合ってた~♡

不満なのは百戦錬磨の”いい大人”の彼が凪ちゃんにずこっと惚れちゃったという理由があんまりはっきりしないのが残念でならない。ストーリー自体が心の襞や苦悩を描いてただけに、大人なのに初恋体験になっちゃったというものがもうちょっと欲しかったですね。元のキャラが異質で興味深かっただけに、もうちょっと理解させてほしかったなぁ~。

(とはいっても、実はキャラ変する前の『ゴンくんになるというワーク』をして彼独特の世界観を少し垣間見ることができました。すべてをシンプルにみてる感じは面白かったです✨)

 

とほとんど感想になってしまいましたが、終わり良ければ総て良しという言葉もありますから、今までが良かった分、終わりも良き終わり方をしてほしいですね。

 

9月22日発信のくくり組ブログの方で、毒親→娘のコントロール法ダブルシグナルについて語ろうと思います♪

ではこのへんで。

 

本業は心理カウンセラーです。9月10月は9周年キャンペーン中!

 

 

2018年2月23日 (金)

物わかりの良い親の下に生まれないこと・・・「霊性向上のためのガイドブック」より2

(5月に変性意識状態と依存症のセミナー『あなたの知らない依存症のヒミツ』を予定しています。やめられない食べ物がある、スイーツ、買い物、ついついアルコールを飲みすぎてしまう方々へ、おススメです。詳細が決まり次第、お知らせ致します)

みなさん、こんにちは。森本道子です。

世の中には、「助け合う家族」、「CMで流れる理想的な家族像」、「親から無条件に愛される子供」という存在やイメージがたくさんありますが、実は条件付きでしか子供を愛さない親は多く存在しますし、アルコールやギャンブル、DVの親の下で育った子供も多く存在し、殺伐とした家族関係や、そりの合わない兄弟や憎み合う兄弟もしっかり存在しています。

そして、そんな家族の下に生まれた人は、ひそかに理想の親像や家族像を持ち、大人になってもこうしてくれたら良いのに、などと夢想したり、悲しんだり、人によっては相手に要求したりするものです。要求する相手がパートナーであったり、恋人であることも大いにあるわけです。(要求を持ちながら相手に伝えることが出来ない人も多くいます)
ーそういったことが良い悪いではなくです。

以下、「荘子・内篇ー霊性向上のためのガイドブック」由井寅子著 より再び引用のご紹介です。

(中略)この、すべてを受け入れる受容性の中に、本当の愛があるのです。

そういう受容性に富む親の下に生まれた子供は幸せです。

つまらない価値観を押し付けられることがないからです。

優秀でなければならない、人に迷惑をかけてはいけないなどといった偏った価値観を植え付けられることがないために、

自己否定することもなく、自己否定することがないために、自己の存在価値を証明しようとすることも、愛を求めることもなく、

インナーチャイルドも形成されず、真我のままに生き、何物も否定せず何物も受け入れ、他人も自分も傷つけることなく、自然でいられることが出来るからです。

しかし別の見方をすれば、それはつまらない人生とも言えます。

つまらない価値観を埋め込まれ、自己否定してどんどん迷路に入っていく、その迷路を脱出し、ゴールに到達しようと努力することで、ますます深く迷路に入っていくが、

ある時、迷路そのものが自分自身の反映であることに気づき、迷路を脱すべく自我を、すなわちそれを内側から支えている自己否定を一つ一つクリアしていく、

つまり頑張らなくなることを通して迷路を脱しゴールに到達する、というとても楽しい人生ゲームを楽しむことができないという見方をすれば、

そのような、ものわかりのよい親の下に生まれるのも、必ずしもよいことばかりではないわけです。

(引用ここまで)

理想的な親の下で生まれた人もいると思います。しかしそれはそれで、良いか悪いかよく分からないと思うのです。

自分の人生が生き辛いと感じたり、大小それぞれの難問を抱えている人はたくさんいると思いますが、(親問題しかり、トラウマ、人間関係、繰り返すパターン、災難などなど)それぞれが克服するテーマがあると思うのです。

そんなテーマは何かしらと思って人生を見るのも大事だと思う、今日この頃です。

わたし、あなた、それぞれの人生を楽しみましょう♪

春はリセットの季節、私たちのこだわり、ずっと持っていたいもの、死を通じてそれらとワークし、自分を見つめ直してみませんか? ↓

2018年3月4日(日)は『死ぬということは、生きるということ』グリーフケアのワークショップのイベントを行います♪是非お越しください!

豊かな変容をサポートします使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

2017年12月13日 (水)

ドラマ『大草原の小さな家』考

みなさん、こんにちは。

幼少期に見ていた海外ドラマ「大草原の小さな家」を最近ケーブルテレビで見ました。オンタイムで見ていた方も多いようですね。

小さい頃は、家族みんなで集まって観て、最後はいつも感動で泣いていたことや、お金持ちのオルソン一家の子供ネリーとビリーが意地悪だったなぁ~というくらいのことを記憶していましたが、

改めて見てびっくり、主人公のローラは男勝りのはねっかえりで、行動派、姉のメアリーは賢く、親の言うことも良く聞く気遣いのある優しい子供で、

そして、そして、彼女たちの父さんは・・・

頼りがいのある、やっさしいザ・大黒柱で、しかしアツくなりやすく、手も出やすいところがあり(子供には暴力は振るわないが)、又自分の信念に反する時は、日ごろ尊敬している牧師さんに対してでもはっきり意思表示する、しかし自分が間違ってると気づけばちゃんと反省して謝ったりするかっこいい男性だったことにかなり驚きました。

当時の私は細かいストーリーはあまり理解せずに見ていましたが、今改めて見る内容は、子供向け番組というよりはがっつり大人向きなのかな?と思うほど、シリアスな内容も多いのです。

そして更に驚いたのは、自然の中での人の死や、動物の死、又死の淵をさまようという回がなんと多いことか。
お金にも困って人々が絶望したり、土地をなくしたり、引っ越しを考えたり、と大自然に囲まれた開拓時代だからこその苦労も多く、

生活の中で教会へ行ったり、神様にお祈りをしたりと、キリスト教や神様との関係が密接であることもかなり描写されていました。それだからこそ、苦しみや不幸に見舞われた時に、「どうして神様はこんなひどいことをなさるんだ?」と人々が葛藤したり、誰かのために一生懸命お祈りをしたりします。

日々色んなことが起こり、又死と隣り合わせに生きるからこそ、町の人々やインガルス一家の結束も高まり、観ている者に感動の涙を誘う素晴らしいドラマであったと思います。

しかし、しかし、ここで私の告白なのですが、

この話自体はローラ・インガルスによる実話に基づいた原作のあるドラマなのですが、私はかなり大人になるまで、これは完全な実話で、更に私の頭の中では役者は存在せず、リアルなドキュメンタリードラマだと思っていたのです。

幼い私の思い込み~、なんですけど、

その弊害、なんだと思いますか?

私の当時の性格もあると思うのですが、

ドラマ(私にとってはリアルストーリー)の世界の、

『素直で情熱的で、愛情豊か、なものを理想として追い求め続ける私』、

『しかしそんなものはさっぱり得られない現実に絶望していた前半生』、

だった気がします。


(私にとっての放映された時期や、期間が長かったことや、濃いい人間ドラマだったこともあり)

このドラマを改めて観ながら、当時の自分を想像したり、今もって憧れているものをドラマの中に見つけたり、自分の性格形成にどんな風に影響したのかな、と客観的に観たりして色んな発見をしています。

改めて観ると、私という人格にものすごく影響を与えたドラマなのでした。

2018年1月20日(土)は新春初夢カフェのイベントを行います♪
新たな自分に出会いませんか?
豊かな変容をサポート使える・カウンセリングとサイコセラピー → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています) 

2017年4月 7日 (金)

白い髪の女で。

みなさん、こんにちは。心理カウンセラー・プロセスワークプラクティショナーの森本道子です。

年明けに髪を短く切りました!
実際にお会いした方々はお分かりだと思うのですが、髪も半分白になりました。

実は母親の負の遺産で、私も姉も二十代から髪を染めています。

髪を染めるきっかけはやはり美容師の言葉でした。当時私はあまり気にしてなかったのですが、度々の美容師の言葉に根負けして染め出したが最後、今まで続いていたのです。

しかし、二十年近く髪を染めてきて、

染め続けることに、ずいぶんうんざりしてきました。

一度坊主にしてみたい、とか

白髪がどれくらいあるのか見てみたい、

というへんな希望も持っていました。


ここ数年ずっと悩み続けて、色んなワークをしたりしたのですが、答えが出ず、しかし年末に帯状疱疹になったことで、頭痛がやまず、髪を少し触るだけでも激痛が走るほどの時期があったことから、

「とりあえず髪を染めるのをやめます。後悔すると思うけど切りたいから坊主にしてほしい」と現在の美容師さんにお願いしました。

そうすると、優しい美容師さんが、順番に切っていきましょう、と言って黒白が混じったまだらな髪でもそんなに気にならないベリーショートにしてくれました。
 
ハサミで説得されたのは初めてでした。”もうこれくらいでいいんじゃないですか?”と、その優しさに涙が出そうでした。
 
私にとって、「白髪を隠すために髪を染めること」は若いころからやっていたため、「老いを隠す」というよりは「私の本来の姿を隠す」という意味の方が強く、

負の遺産であっても「亡くなった母の象徴を隠す」ということなんだと改めて気づきました。もちろん老いには近づいていっているのですが(笑)

ここ数年、(良い意味で)母と似たような道を歩んでいる自分に気づき、又母が生前白髪を隠してきたように、母が隠してきた思いや恐れに思いをはせることにもなりました。

私自身はどういう異なった人生を歩むかということも含め、

今までとは違った意味で、母ともう少し仲良くなれそうな気がします。



白髪を染めないこと、での私の一番の恐れは突き詰めると「偏見の目」に晒されることでした。決断するまでに心を見つめてそれなりに時間がかかりました。

ちなみに、新しい髪に関しては褒めてくれる人が多いです♪

でも驚く人も多いかな~と思ったので髪の色が変わった経緯について改めて書いてみました。

とりあえず、白い髪で生きていきます。


ほっとひと息お悩み相談 → A Path in the Woods (電話・スカイプセッションも行っています)

2015年7月 1日 (水)

少しずつ傷つけあう家族

日本文学を読み解き、そこに登場する中年の深層心理を探った本「中年クライシス」より、河合隼雄さんの言葉を紹介します。

本間洋平の「家族ゲーム」という作品を取り上げながらワイルドネスについて語っています。

家族にはこのようなことが必要なのだ。お互いが少しずつ傷つけあって成長していく。しかし、もちろんそこには限度というものがある。必要な程度のワイルドネス、それをどの程度に、どのようにお互いが発揮し合っていくのか、それを決定してくれるのが愛情というものである。

なんか良いな~と思いました。

お互いが少しずつ傷つけあって成長していく。本当にそうですよね。

子供の自立や成長のためには親に反抗するということはすごく大事。なので親を傷つける言葉を言ってしまったりもする。そして傷というものは実は精神的にタフになるためには必要なものであったりもする。

でも生身の人間のやることなので、予定調和なんてなく、物凄い痛手をお互いが受けてしまったりもするんですよね。

又、家族があまりに無機質に暮らしてしまったりしていると、ワイルドなものが出てきます。

ワイルドなものをどううまく家族の中に、もしくは一人一人に取り入れていくか、といった課題もあるかもしれません。

傷つけあってるんだけど、育て合ってる、そんなところもありますよね。

あと数席ございます(すべり込みのお申込みもお待ちしています!)↓

セルフセラピーとしてもカウンセラーとしても使えるフォーカシングセミナー行います → ★7月5日(土)大阪開催

心の仕組みを分かりやすく~インテグレイテッド心理学基礎講座&プロセスワークセミナーを行います → ★2015年8月東京開催  (2015年9月22日・23日大阪開催します)

インテグレイテッド心理学基礎講座&プロセスワークセミナー詳細については → ★HP

7月・8月は5周年記念キャンペーン中です!

2015年2月27日 (金)

蛇と私、母と私

母親が亡くなって半年後、テレビ画面にヘビが映っていました。ぼ~っと見ながら、初めて”私は蛇が好きだ”ということを驚きと共に自覚しました。

自覚できなかったのは、母の大嫌いなものが”ヘビ”だったからです。それがテレビ画面に登場する度に母は「チャンネル変えて!」と怒鳴っていました。

元看護師で看護学校の教員だった母からは、私が幼い頃から「看護師だけにはなったらあかん」と言われていました。理由は”仕事がきついから”とのことでした。

母が亡くなってずいぶん経った後、会社員を辞めて、アロマトリートメントを習得してリラクゼーションサロンで働き始めた時、給料は会社員時代の半分程度になりましたが、仕事が楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。

その時、”看護師になるなと言われたけど、人の身体をケアするってことはこんなに楽しいんや~”と思ったことを覚えています。

その後今に繋がる心理の勉強をすることになるのですが、

親が良かれと思って子供に言うことに子供は無意識のうちに左右されることはたくさんあります。

やりたいことを見つける、行動する、

自己実現って実は意外と大変なんですよね。

心の中にはトラップがたくさんあるので、そこも要注意なのです!

気が付いたら楽な方に流れていく、(そして自己実現が忘れられる)そんなこともよくあります。

自己実現の困難にもしっかり取り組みます

ほっとひと息お悩み相談 → カウンセリングセラピーとボディケアのコピススHP

続きを読む "蛇と私、母と私" »

2014年2月14日 (金)

「仕事が楽しい」と聞くと腹が立つ

みなさま、ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます

又明日も寒くなりそうですね。

「心理学の勉強が楽しい」とか

「仕事が楽しい」

と言う発言がどうもかなり気に食わないらしい父。

仕事が楽しい、と言った瞬間に否定的な言葉が必ず飛んできます。

そんなことを言うなんてひどいな、と思う人もいるかもしれません。

ちなみにカウンセラーが家族、友人、恋人をカウンセリングすることは不可能です(セラピーはOKですが)。深刻なことでなければOKかもしれませんが、元々近しい関係性がある場合、カウンセラーとして相手に寄り添って聞くことは非常に困難ですし、こういう風になってもらいたいという無意識の意図が入ってしまうので実はすごく難しいです。又相手方もそうそう心の内をベラベラと話しません。←しかしこれはすごく健全なことです

話を元に戻すと、そんなことを言うなんてひどいなぁ、と思うとしたら、

頑張っている子供を親は応援するべき、やポジティブなことを口に出すべき、などの前提的な思考があります。私もはじめは父の発言にムカッとしました。

↑この思考を少し横において、父の発言(パターン)を見ると、私の「仕事が楽しい」発言で父の潜在意識の中の思いをものすごく刺激していることが理解できます。又父の仕事は責任が重く、ストレスの多い仕事だったことは退職して温厚になったことからも想像に難くありません。

本当は仕事が嫌いだった人、本当は辞めたいのに仕事を続けている人、本当はパワハラに傷ついてるのに傷を見ずに仕事をしている人などからみると

「仕事が楽しい」という家族や親友や恋人と言った近しい人

はそれなりに大きな刺激物になってしまいます。

又例えば仕事を辞めるとやっていけないかもという不安感や
周囲に認められるようなことをすべき

という思いが大きい場合は、楽しんでる人がいるんだ、私もやってみようかな、とははじめはなかなか思えません。それよりも能天気なことを言っている!などと批判したくなったり、逆にあなたはすごいけど私なんて、と悲観することもあるかもしれません。

人間関係は投影合戦なので、当たられることもしばしばです。パーソナルに取らないことも秘訣ですね。潜在意識の思いなどもうすこし詳しく知りたい方は是非インテグレイテッド心理学基礎講座をお受けください。

ただ、はっきりこの仕事が私の喜び!というのがなくても、私はどんな仕事でも自分の気持ち次第でそれなりに楽しんで充実させることはできると思っています。

カウンセリングのアプローチとしては、今の仕事は楽しくないから転職をしよう、私が好きなものは何か分からないなぁ、だけでなく、例えばなんだかぱっとしない感じ、をテーマにして心を見ていくのもかなり有効だと思います。

最近複数のクライアントさんから、仕事の人間関係が改善したり、仕事が楽しくなったという嬉しいお話を聞かせて頂きます。もちろん仕事を変わったわけではありませんよ癒しや気づきのパワーはあなどれません。

2月22日(土)は目覚めの瞑想ワークショップです。是非心とからだに贅沢な一日を過ごしましょう!
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

エンパス・HSPがグラウンディングして生きるための心理カウンセリング

フォト
無料ブログはココログ